父の癌(2)


20170227235011188.jpg

前回のお話の続きです。

2013年12月私は寝る時間もないほど、動きまくっていました。
自分の仕事も本格的な繁忙期を迎え…

父の病院の送迎(神戸の病院へは、車で1時間40分ほどかかる)は私がしていました。母は運転できませんので…
病院には、必ず私が付き添っていました。





父は、27歳の時、勤めていた会社を退職し、自分一人の力で今の会社を立ち上げました。



毎月の借入の返済額は○百万円。
当時の事は、私はよく覚えていませんが、母はいつもパンの耳を食べていました。

当時は、パンの耳は、パン屋さんで無料で分けてもらえていました。
幼い私は、よく母に聞きました。



「お母さん、ご飯食べないの?」





母はいつも決まってこう答えます。



「お母さん、お腹いっぱいでね。」



後から聞いた話ですが、当時はお米を買うお金もなかったのだと言います。

そんな中でも、私には毎日お腹いっぱいになるまで、栄養満点の食事を食べさせてくれていました。



父は、今まで総額3億近くの借入を返済してきました。そんな、父をいつも母は支えていました。



今、母の体がボロボロなのは、約数年間飲まず食わずの時期が続いたからだと思います。



年齢を重ねるにつれて、若い時の無理が跳ね返ってきたのでしょうね…



父はそれを今でも悔やみます。


母がこうなったのは…
こんな体になってしまったのは…
全ては自分のせいだと…(。-_-。)












3階建ての豪邸…


高級車…


高価な時計、鞄に靴…


豪華な食事…


欲しいものは、全て手に入った父でしたが、母の健康な体は二度と手に入らない…



父の成功は、母の健康と引き換えだったのです…



3億近くの借入を返済するまで、父は死にそうな思いを数々としてきました。

父の人生を語るなら、きっと1冊の本になってしまうでしょう。

死にものぐるいで働き、私達家族をいつも守ってくれました。


父の子に対する愛情はとても深く…




いくつもの逆境を乗り越えた父にとって、癌は重大な事でも何ともなかったようです。



ただ、体がボロボロになった母と息子の事が心配でたまらなかったそうです。




息子…つまり私の弟は、当時まだ学校を卒業し、就職したばかり。



父の会社を継ぐため、取引先へ修行に出ていました。




修行期間は、5年を見積もっていましたが、父がこんな事になり、早々に帰ってきてもらう事に…



私はとにかく走り回りました。
自分の仕事と父の会社、弟をサポートするため…




父の偉大さを思い知りました。




父と弟は仲が悪く、
口を開けば、喧嘩喧嘩。



父はいつも言っていました。
kobu…
お前が、男の子だったら、お前に会社を継がせるのに…





弟が父の会社に戻り、弟は唖然としました。



親父は今までこれを…

こんな事を…

一人でやっていたのか…

一人でこなしていたのか…


弟もまた、父の偉大さを思い知らされる事になったのです。




弟と私…走り回る日々…





この時有り難かった事は、私の職場の先生は、とても理解のある優しい先生で、事情を知り、私の仕事を全て引き受けて下さいました。。
職場のスタッフも全力で私の仕事をサポートしてくれました。
そのおかげで、私は仕事を休む事が出来たのです。






父は癌ごときではへこたれない…









これが、余命宣告1年と言われた人の姿なのか…








もっと動揺しないのか…





死ぬ事が怖くないのか…








そんな風に私は、いつも父を見ていました。





さすが、数々の逆境を乗り越えてきた父は強い…











冷静な父でしたが、それでも、一人よりかは、二人の方がいい。
そう思い、病院へは、毎回付き添いました。





2013年12月2日
13:30〜麻酔科
14:20〜胸部全腹部造影CT



12月4日
15:30〜内視鏡検査CT(全結腸)



12月5日
9:00〜呼吸器内科
10:30〜外科(H先生)


あれほど、極度の緊張に襲われたのは生まれて初めてかもしれないです…心臓はバクバク。右手は痛くてずっと痺れていました。

H先生の診察…緊張しました。



検査の結果、肺、肝臓への転移はなし。ただ、リンパ節にかかっているとの事でした。




手術日が決まりました。



2013年12月25日…




12月25日、腹腔鏡にて、大腸ガン摘出。




手術は、無事に成功しました…














成功したと家族みんなが、思い込んでいたのです…












長くなりましたので、続きは、また次回。゚(゚´ω`゚)゚。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント