仕事のこと

出来なくなった事たくさんありました。
離脱症状が酷い時は、廃人生活。これは拷問なのか…生き地獄だとずっと思って過ごしていました。

2014年8月に娘を産んで1年の育児休暇をいただき、2015年9月に職場復帰しました。もちろん、精神薬を飲んでの仕事です。
離脱症状に襲われながらの仕事。
この時は離脱症状という事も知らなかったので、自分の体調に戸惑いながら必死に仕事していました。あまりに辛く通勤中の車の中で涙を流した事もありました。
201702280013579a5.jpg

私の仕事は法律を扱う仕事。



この世界に飛び込もうと決めたのは、中学生の時。

「女の子1人でも生きていけるよう将来設計をしなさい。」
これが両親に中学入学時に言われた言葉。

その時から、この業界を目指し、国家資格取得に励み、学校を卒業してからはこの道1本で生きてきました。
今の職場の前の職場はかなりブラックで日付けが変わるまで働いていました。それでもクライアントの為と思い、必死で仕事をこなしていました。
私が退職する1年の間に上司同僚13人が辞めました。上司はみんな辞めてしまった…20代そこそこの私が会社で一番の古株になるような異常な職場。
こんなところでキャリアを積んでも自分の為にならないと入社して1年で退職し、今の職場に転職し、お世話になりもう7年経ちました。
一生ここで働く。そう決めていたほど、先生にも上司にも後輩にも恵まれ、イキイキと仕事をしていました。
妊娠するまでは、私には仕事が全てでした…
仕事復帰して身体と脳の異常事態に気づきました。
頭が働かない。もう慣れ親しんだ仕事なのに、凄く大変に感じる。襲ってくる、吐き気、緊張感、不安感。まともに喋る事が出来ない。
何で?どうして?何が起こっているのか?おかしい…離脱症状はどんどん悪化します。医師は病気の…鬱の再燃としか言わない。離脱症状という事も教えてくれなかった。危険な薬である事も教えてはくれなかった。

これ以上仕事をする事は、クライアントにも会社にも迷惑をかける…そう思いました。
私の少しのミスが、何百万、何千万、下手すれば億単位の損害をクライアントに与える可能性もある。
そんな事は許されない。泣く泣く休職する事にしました。何の為に今まで突っ走ってきたのか。この職種につくだけの為に走ってきたのに…
ベンゾジアゼピンの離脱症状と知った時は、何という薬を飲んでしまったんだろう…もう絶望的になりました。

もうこの仕事をする事は無理かもしれない。神経をかなり使う仕事。出会う相手は企業のトップばかり…離脱症状を抱えて仕事をこなせるのか…無理だ…そんな思考がグルグルとつい最近…退院するまでは続いていました。

産後鬱になり、抗うつ剤、ベンゾジアゼピンを服薬し、出来なくなった事ばかりを並べ、絶望していました。失ったものは、かなり多く…


でも、今はそんなことは考えません。
なぜなら、出来るようになった事を考えているから。
産後からずっと出来なくなっていて出来るようになった事。
・料理
・車の運転
・テレビを見る
・化粧
・保育園の行事参加
・保育園の送迎
・食べる
・眠る
・育児が出来る(夜はまだ一緒に眠れないですが…)
・笑う
・ハキハキ喋る
・家事をする

何を当たり前の事を言ってるの?と思われるかもしれません。。。でも、これら全て私は出来なくなっていたのです。

仕事は現在休職中です。リミットは来年の6月まで。本当に今の職場を離れるとなるとそれはもう悲しくて悲しくて、惨めで…

でも、産後鬱になり、精神薬を経験し、地獄を見て、私の人生観は180度変わりました。大切な事をたくさん知りました。幸せをたくさん感じるようになりました。人に優しくなりました。得たものは、はかりしれない…

仕事の事はまたその時に考えようと思います。
人生の出来事は、その人に絶妙なタイミングで、最高な形で起こりうるものだから。。。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はじめまして

はじめまして。
ブログを見させて頂いておりましたが、初めてコメントします。倒れてしまい入院していたということだったのですね。私も減薬に取り組んでいるので、他人事ではないし、子育てや、お母さまの事もあるようなので、、応援させてください。そして同時期なのでお互いに無理はせずに一緒に頑張りたいと思っています!!

美しい空様

初めまして。ご訪問いただきありがとうございます(*´ω`*)
ブログ見て下さっていたのですね。コメント嬉しい限りです。
離脱症状悪化で2回入院経験ありです。
1度目は2016年1月に普通の市民病院、2度目は2016年9月に精神病院に入院していました。
知識もあまりなく、無理な減薬をしたためです。
美しい空さんも減薬中なのですね。
私も退院してから少しずつ減薬しています。離脱には数年かかりそうです。
お互い無理をせず少しずつ歩いて行きましょうね。
またコメント下さると嬉しいです。ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして。
私も一度断薬に失敗し、再服用し、結果薬が増えてしまいました。
まだ安定はしてませんが、毎日ギリギリのところで、子育てと仕事をしています。
お仕事バリバリされていたんですね。
私も金融機関で、バリバリ営業してました。
今はパートで働いてますが、離脱がきつくなるたび、もう無理かなと悩みます。
ブログの、減薬より日々の生活が大切というのは、私も強く思います。
育児は今しかできないですよね。
私も減薬にあまりこだわらないように、でも危険な薬だとは認識しています。
私はメイラックスとリボトリールを服用しています。
またお邪魔しますね。

鍵コメ様

離脱症状、本当にどんどん良くなるというようにはいきませんよね。
鍵コメ様は今日は体調良くないのですね。
私も明日どうなっているか分からない自分の体調…
コメントも気にしないで下さいね。

私も、減薬量壁があります。
私の場合は最後の1錠からがいつも減薬に苦戦します。
そして、半錠で大きな壁、そこからは少しずつ減らしても必ず離脱症状が襲います。
ワイパックスさんが、壁にぶち当たった時は、長期のステイをされていました。
超微量でも、襲う症状…本当に難しいと私も感じています。
私も鍵コメ様の回復心から願っています。

パレード様

初めまして。ご訪問いただきありがとうございます。
再服薬され、結果薬が増えてしまったとの事。全く同じですね。
子育てと仕事。そして家事…どれだけ苦しく、毎日がギリギリだろうと胸が痛みます。
生きていくだけで精一杯のところへ休めない子育て。それにお仕事もお持ちだという事で…

私も大事な育児期間を精神薬に奪われ、悔しい気持ちでいっぱいですが、今できる精一杯の事をして毎日感謝して生きています。

離脱症状をできるだけ許容範囲に…微量ずつ減薬していって下さいね。
私も離脱症状がキツイので、微量ずつゆっくりゆっくりです。
私がリンクさせていただいているワイパックスさんは、働きながら減薬し、断薬成功されています。
私達も後に続きたいですね(●´ω`●)

危険な薬だと認識した上で、減薬にとらわれず、ゆっくりゆっくり私も大賛成です。
私もリボトリールではありませんが、ランドセン服薬経験ありです。
今、現在は、ワイパックスとリフレックスを服薬中です。
まだまだ長い道のりになりそうです…
また、是非遊びにきて下さいね。お待ちしております。