お知らせ

すみません…ブログをお休みします。
全く寝れなく、胃液を吐き続けます。
希死念慮がとにかく厄介で、泣きわめき暴れまくっています。
希死念慮は大変危険です。なった人にしか分かりませんが…

回復するという夢を叶える為に一度ネットから離れてみます。
離脱症状を抱えながらのブログは私には重く、苦しんでいる方を目の当たりにする事がとても辛い状況です。

ルーキーさんクワトロさんpipiさん皆さんに出会えてよかった。
私の命の恩人です。
かけがえのない私の大切な仲間…愛情深い3人に出会えた事私の人生の宝物です。
本当に感謝しきれないです。
苦しんでいる皆様必ず回復しますから。
ここにまた戻ってこれたらいいな…
本当にごめんなさい。皆さんの回復を心より願っています。
コメント欄いつでも使って下さい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

kobuchoroさんへ

kobuchoroさん、
夜が明けて
今日も窓の外に朝日が昇っていますか?
無事に朝を迎えられましたか?

pipiさんのブログを訪問させて頂き
kobuchoroさんの心が
こんなにも折れそうになっていることを知りました。

つらい中、一生懸命になって
返事のコメントも
書いてくださっていたのですね。


ブログをお休みされても
今のこの辛すぎる日々から
あなたがいつか必ず解き放たれると信じている
ルーキーさんクワトロさんpipiさん、

そして

コメントを残す勇気はなくたって
いろいろな理由でコメントが残せなくたって
kobuchoroさんの思っている以上に大勢の人が
あなたにひとりで苦しんで欲しくなくて
これからもここを訪れると思います。



ご自分が苦しい中にあっても、

「離脱症状に苦しんでいる方が少しでも、
緩和される事を願って。」と、

同じように苦しむ人を
ときに励ましさえしながら
今日という日に至っている
kobuchoroさんのことを知っているから・・・・。




私の場合は、同種の薬物ではなく
“副腎皮質ステロイドホルモン漬け”
からの離脱でした。
ある時期、成人性アトピーが発症し
その日々が必要になりました。
(もうあれから25年以上経ちますが・・・)


髪の毛の生えている部分の頭と
手の平と足の裏以外の
全身のすべてにステロイド軟膏を塗布され、
塗った場所を残さず覆うように
包帯で全身をぐるぐる巻きにされました。
“ミイラちゃんが一体完成!”
といった感じかな?



kobuchoroさんみたいに
私もそのとき “離脱” を決意しました。

薬の性質上、私の場合は “徐々に”
というやり方では成功が無理そうだったため、
“一気に” となりました。


手に黄色ブドウ球菌も繁殖し始めたり
あの時の私が一睡も眠れないと感じたのは、
アトピーですからご存知のように “痒み” ゆえでした。



今、Kobuchoroさんが闘っている辛さ・・・
とは違っていました。

kobuchoroさんが乗り越えようとしている
離脱症状の過酷さは
私が想像できる範囲を
遥かに超えているはずです。



ですが、
とても無責任に聞こえるに違いないのだけれど、
今、kobuchoroさんが体験をされていることは
魂の奥底で
kobuchoroさん自身が
《自分に乗り越えさせたくて》
こんなにも辛いチャレンジを敢えて課して

今のこの世に生まれ出てきたのではないか・・・
私にはそう思えて仕方がないのです。



どうして・・・?

その答えともいえる言葉が
夜中に私のメールに届いていました。

若き麗しきkobuchoroママさんのことを
イメージの中にいっぱいに広げている最中に
その言葉が届いていたことを知りました。

まるで
「kobuchoroママさんに
今、宇宙が贈りたいと心から願っている言葉を
君は探しているんだろう?」
と言わんばかりに・・・。

変なことを書くように感じたら
本当にごめんなさいね。

違う会社のブログなので
リブログができません。
コピーとなってしまいますが
《kobuchoroさんのために届いた》
メッセージを贈りたいと思います。





今、あなたに起こっている現実は

あなたにとって

すべて必然であり、

すべて必要なことであり、

あなたにとって

ベストなことなんだ。

宇宙はすべて

あなたの魂の成長に向けて

すべて完璧な形で

現実化を進めている。


その現実に対して

様々な解釈を与えたり、

善悪や評価を加えるのは

すべてあなたの心だ。



全てを受け入れ、

その中で人生を全うする。


それがとても大切。

その姿勢で人生を歩むと

どれだけの奇跡に囲まれて

生きているのかが

実感できるだろう。





ハンドルネームを《オレンジャー》さんと言います。
オレンジャーさんはいろいろな叡智を伝える人ですが、
今日はこれだけをお届けしたいと思いました。




塩分にはくれぐれも気をつけてくださいね。

私のブログでご紹介しているS先生は
患者さんが欲しがっても
「もうこれ以上、必要ないから。」と
期限をとても短く区切って
漢方を離脱のサポート役として使われながら
回復のお手伝いをされてきた人です。


そんなS先生がいつも強調していたことですが、

特にkobuchoroさんのような
状況下にある患者さんの場合には、
脳内の血液が健全に流れ
身体の免疫機構がアップするのに
《塩を極端に控える》ことが
とっても助けになると
そのことをしつこいくらいに強調しておられました。



副作用がなく
長期服用もさせないことを前提で処方され、
実績もある漢方というものが
この世には実際にあると
私は体験から確信をしています。



それでも、
私の最新ブログで強調していますように、
(kobuchoroさんもご紹介をしてしまい、
事後報告でごめんなさいね)

“心から” 漢方を信じる心
という準備があってこそ
お勧めすることができることだ
ということも信じています。

「コレがあるよ!
これがあれば絶対だよ!」
などというような安易なお勧めの仕方が
できようはずがありません。




Kobuchoroさん、
今の一瞬一瞬のあなたの “心” が思うことは、

全部正しいこと

だと、丸ごと受け入れてあげてくださいね。


ブログを止めたいと思われたその気持ちも
まるごとすべてkobuchoroさんの一部で、
良いとか悪いとか評価を受けるべきようなことでは
決してないのですから・・・・。



先ほどのオレンジャーさんの言葉、
何度も何度も読み返してください。




あなたのどの部分も
責めるべきためにあるのではなくて
“人生を全うする” ためにあるのだと信じてください。




kobuchoroさんが紹介されている“先輩”の
瞑想や呼吸法や自律訓練法、
私もトライしました。
今もお世話になっています ❀(*´◡`*)❀



これらのことは
症状に責め立てられている時には
「とてもそんなこと・・・」
と感じられるようなことでしかないと思います。



それでも、
瞑想・呼吸法・自律訓練法や
塩を避けた食事で
脳内にも心の中にも
多くの酸素を送ってあげるようなことを、
“隙間” を使ってぜひ試みてくださいね。




なかなかお力になれなくてもどかしいですが、
漢方についても、
ほんのささいなご疑問にもお答えします。


慌てなくても ゆっくりでも 大丈夫です。
kobuchoroさんさえ
そのことを信じていれば・・・。


“先輩” の方の、
こちらのアドバイスにも同感です。




焦らず 急がず、
しばらく「減薬中であることを忘れて」
ステイするのもいいと思います。




私も、この似たような理屈で
重度のアトピーを乗り越えました。




現時点でのkobuchoroさんは
離脱の山をまだ超え切っていないので、
“忘れて” なんて
現実味がなさ過ぎるようなことでしかないでしょう。


でも、きっとkobuchoroさんの先輩も
病気ということと離れるような “瞬間” を
日常の中にほんの少しでも増やすことが
離脱の苦しみを軽減する力を有していることを
体験から感じておられるのではないでしょうか。



山を乗り切れば、

「宇宙に存在するほんとうの法則」が

今よりもっともっと気づきやすい形で
kobuchoroさんに作用してくれていることを
心から実感する日を迎えるに違いない・・・
そう心から思っています。


オレンジャーさんの言葉は真実です。

《どれだけの奇跡に囲まれて

生きているのかが実感できるだろう》



この瞬間も奇跡に囲まれている
・・・苦しさが極まっているときも
そのことを忘れずに信じて過ごしてください!


HeartLibertyさんへ

HeartLiberty様
私のブログにコメントありがとうございます。
私のブログ読んで下さったのですね…
私はコメントを下さる前に娘の喘息を調べており、そこから吸入、ステロイド、アトピー、ステロイドにも離脱症状がある事を知り愕然としていました。ステロイドの危険性に全く無知であったのです。医療機関では、ステロイドどんどん出されます。
小児科でさえも…私は娘を守る為、娘が喘息やアトピーに苦しんだ時は、漢方専門病院に連れて行く予定です。
田舎である為、そのような病院は近くになく、2〜3時間はかかります。
離脱症状を抱えながら、難しいですが娘は何としてでも守りたい。
ステロイドの危険性を知ることが出来て良かった。
。HeartLibertyさん壮絶な日々を乗り越えられたのですね。
痒み我慢なんて出来ないです。それで眠れないお辛かった事でしょう。皮膚も大変な事になったのですね。
私以上の苦しみだと思います。
離脱されて本当に良かった。
赤ちゃんや幼い子がアトピーの痒みから泣き叫び眠れない…親は何とかしてあげたくて、ステロイドを投与。
私が薬害に合わなければ、娘に投与していたはず。
すべての出来事が必然なのです。私は家族を守る為に薬害にあったのです。あわなければ、ならなかったのです。
私の父がベンゾのデパスを睡眠薬代わりに飲んでいました。
私が薬害に合わなければ、父はデパスを飲み続け私と同じことになっていたでしょう。
ベンゾは心療内科、精神科だけで処方されるものではないのです。
父は普通の内科でした。
内科や婦人科、整形や耳鼻科でさえも、簡単に出されます。
それゆえ、被害が拡大しているのです。
もう医療機関自体を避けた方がいい。私はそう思っています。

ステロイドを調べて離脱症状がある事を知った日、もう見ることのない自分のブログを見ると、ステロイドの離脱症状と闘われたHeartLibertyさんのコメントが…
こんな偶然があるのか?必然だと思いました。
一昨日、親友が実家に突撃訪問してきました。
「kobu大丈夫?とても胸騒ぎがして、いてもたってもいられなくて来てしまった」と泣きながら抱きしめてくれました。
私はこの日もうダメかと思っていました。私の命もここまでかと…
あまりの苦しさに泣き叫びのたうちまわり…
そんな時に、連絡もしていないのに親友が駆けつけてくれた。
これも偶然なのか?必然だと思いました。
不思議な事が続いています。

HeartLibertyさんとお話したい事が山ほどありますが、今の私はこれが限界です…
漢方についてもっともっと知りたいです。
ただ、依存対象が漢方になるのも怖いです。
薬自体から決別し自由になりたいです。

メッセージ何度も読み返します。
丁寧なコメント本当に感謝しております。
丁寧にコメントを返せずごめんなさい

最高のお母さんであるkobuchoroママさんへ

kobuchoroさん

「私の命もここまでかと… 」

そんな最中(さなか)にあるにもかかわらず
お嬢さんの幸せを必死になって守ろうとする
母としての頼もしさが、
また、
お父様に同じ苦しみを味わわせずに済んだことを喜ぶ
娘としての優しさが
音を立てて溢れ出しそうな文章をいただきました。


kobuchoroさん、
これは大袈裟でも何でもない
私の素直な感想です。


そして、
読み終える前から目頭が熱くなるのを
抑えることができなくなりました。


こんなに愛おしい人であるあなたが
こんなにも苦しみ
この先もしかしたら
その命の火が本当に消えてしまうかもしれない・・・
そんな理由で涙がこみ上げたのではないのです。

「kobuchoroさんはこれでもう大丈夫だ。」
そう確信したからです。


安堵で心が緩んでしまって、
涙が込み上げてきました。


私が何を言いたいのかを
あなたは潜在意識の領域で
すでによく理解しています。


「こんなに優しくて責任感のある人は
神様が見放すはずがない。」
とか
「今そうして、お嬢さんに最善を尽くそう
としているような立派なお母さんが、
すでにお父さんを
薬害漬けの危機から救ったような立派なお嬢さんが
その対価として幸福に辿り着くのは神の摂理だ。」
とか・・・

私は大上段をふり振りかざして
そんなことが書きたいわけではないのです。


とても優しいあなたの心を
否定する理由はまったくないけれど、
そんな当てずっぽうな理由で
あなたの明るい未来を
確信した訳ではありません。



今は辛すぎて
そう思えないかもしれないけれど、

kobuchoroさんの《意識》というものは
顕在意識の方も潜在意識の方も
《治る人の軌道にすでに乗ってしまっている》
それが理由です。


こうして頑張ってお返事を書いて下さったお陰で
私はそのことを知ることができました。


「娘に自分のような辛い思いをさせたくない!」
そんな切なる願いで
正しい情報に辿り着こうと
必死に調べているときのkobuchoroママは
少なくともその瞬間のあなたは
自分が病人であることを“忘れている”はずです。



“必死の思い”が湧かない事柄に
自分の意識を無理に向けようとしたって
なかなか上手く行かないですよね。


すごく辛い病気をしているときには
病気以上に必死に
思いが向いてしまうような事柄は
普通は見つけにくいと思います。


「娘は“何としてでも”守りたい!」
その思いがいかに本気の思いか・・・
ひしひしと伝わってきました。



守りたいものがあるkobuchoroさんは
四六時中 “病人の意識” に留まる暇はない・・・。


私は前回のコメントに

「病気ということと離れるような “瞬間” を
日常の中にほんの少しでも増やすことが
離脱の苦しみを軽減する力を有している・・・」


と書きました。



kobuchoroママは
私なんかからそんなことを言われるまでもなく
現実の日々でしっかりとそれを実行していた・・・。


それを証明するようなことばかりが
私への返信に《満載》で書かれていました。


「すべての出来事が必然なのです。」
「こんな偶然があるのか?必然だと思いました。 」
「これも偶然なのか?必然だと思いました。 」
「不思議な事が続いています。 」




ブログでも初めの頃に書きましたが、
不思議だと感じることは
不思議というカテゴリーに
無理矢理押し込めることなく
あなたが直観で感じている通り
《必然》だと感じ続けてください。


そうしたら、不思議なことは
これからも、もっともっと起こり続けると思います。


《自分がいかに大いなる力に守られているか》
そのことを気付かずにはいられなくなると思います。


kobuchoroさんにはこれから
お役目がたくさんありそうですね。
今後の人生、
とてもとても張り合いのあるものに
なるに違いありません。


《意識は物質化する》ということを
私は自分のブログという場所で
勝手気ままに書いています。



結構あちこちの記事で書いていますが、
今、想像を絶する離脱の苦しみの中、
ギリギリで闘っておられるあなたに
それを押し付けようとは思いません。



なぜなら、
繰り返しになるけれど
kobuchoroさんはもうよくわかっているから・・・。

「自分がわかっていることに気づいていない。」
という状況かな?
でも、kobuchoroママは
もう間違いなく気づいています。


《意識は物質化する》ということは
《意識しないものは物質化しない》ということ・・・。


自分以外の人の病気に意識が向いているとき
自分を病人のポジションには置いていないんです。


そんな瞬間が
少しずつ増えることも必然・・・



今日まで実際に服用した薬物により
離脱が起きなくてはならない状況に
《今の自分は必然的にある》
と思っているかもしれないけれど、

何を本当に必然と思うかで
必然(現実)はけっこう変わったりします。



「良い漢方を手にすることができれば
離脱のやり方が正しければ(自分に合っていれば?)
それを最大の根拠として治ることができる。」

そう考える方が必然(理に叶っている)と思えば
そういう現実になり易いかもしれない・・・。


「病気と格闘する意識を手放す瞬間が増えて
なんとなくバタバタと
忙しく心も体も奪われている内に
気付いたら楽になちゃっていた。」

そんな感じがなんとなく必然と思えば
そんな現実になり易いかもしれません。



重度のアトピーは
病人であることを
自分がすっかり忘れてしまって、

末期の卵巣癌は
自分が深刻な病気に掛ったという事実を
少しも受け入れない心の状態を
幸い作れたお陰で

2つとも私の現実から消えていきました。



突然漢方の話になりますが・・・

「漢方はゆっくりしか効かないから
長く飲まなくてはならないもの。」

多分皆さん、そういう思い込みがあると思います。

そして、実際、
そういう漢方は世の中にとても多いことでしょう。


S先生の漢方薬は、いわゆるそうした漢方とは
根本的に異なります。



S先生の漢方の情報を待っている人がおられるので
できるだけ急いで
ブログの方で書いて行きますね。
アトピーのことにも触れていきたいと思います。


私のことも、たくさんの温かい言葉で労って下さって
ほんとうにどうもありがとう!


もしすぐにコメントが書けなくても
これからもいつもここにいます。

kobuchoroさんとお嬢さんのこれからの人生が
とても楽しみでです。


「不思議なことが続いています」

そう思える幸せを、
辛くない瞬間に
たくさん感じることができますように・・・。


今日はこの辺で・・・
おやすみなさい。

No title

kobuchoroさん、大丈夫かな?

すごくすごく大変な日々を
過ごしておられると思います。

漢方薬のこと、
アレルギー疾患のこと

ブログに書いてみてアップしました。

たくさん疑問があることでしょう。
些細な質問でも
ご遠慮なくご質問くださいね。
私でお役に立てることがあるなら・・・。

必ず、明日は来ると信じてくださいね。

はじめて投稿いたします。
症状が、にていました。
どうしたらよいか、悩んでいます。
元々はホルモン剤からおかしくなり、今はベンゾジアゼピンにもおかしくなり
毎日死にたいきもちとたたかってます。

ルーキーさん

クワトロです。ルーキーさん お久しぶりです。

体調はいかがでしょうか。私も先日に胃カメラと腹部CTをしてきました。
ところでルーキーさんはブログは持っていないのですか?

タンポポさんへ

タンポポさん はじめまして。クワトロと申します。

大丈夫ですか。?

服用しているベンゾは何ですか? 減薬をしているのでしょうか。それとも断薬をしているのでしょうか。

よろしければ私のブログへもお越しくださいませ。
http://ameblo.jp/quattro-r8/

ちなみにタンポポさんはブログはお持ちでしょうか。?

クワトロさん

ブログはだいぶ以前にやめてしまいました。
胃のほう問題なく良かったですね。
私は太田漢方胃腸薬Ⅱを飲んで数日後楽になりました。
今も飲んでますが。
今は頭痛とめまいが続き精神的にきつい状態です。
kobuさんも早く復帰できるように祈ってます。

タンポポさんへ

初めまして。コメントありがとうございます。
きっと大丈夫ではなく、ギリギリですよね。
症状が似ているとの事。とてもお辛いことと思います。
ホルモン剤が入り口なのですね。
死にたい気持ち…凄く分かります。
希死念慮私の一番の辛い症状です。
本当に心が痛いです。
私自身余裕がなく、ブログも見てなかったので、お返事遅くなり申し訳ないです。
クワトロさんは、信頼できる方です。
ブログやっていらっしゃるので、お話されると少し気持ちが楽になるかもしれません。

クワトロさんへ

クワトロさんタンポポさんへのコメントありがとうございます。
いつも本当に優しくて、ありがとう。。
何度言っても足りないです。

ルーキーさんへ

ルーキーさんお辛い状況ですね。
私は鬱症状と闘っています。
産後から病的な心配性で、生きるのが苦しいです。
お薬が終わったから、私は元症状との闘いです。
鬱本当に怖い病気です。

タンポポさんへ

クワトロです。ぴぴさんのコメントみました。

私もリッチーさん経由でかこさんとお会いして減薬・断薬について相談をさせていただきました。

リッチーさんの万相談についての記事です。
http://ameblo.jp/aaa2806899/entry-12144184041.html
http://ameblo.jp/aaa2806899/entry-12184338124.html

私のブログです。
http://ameblo.jp/quattro-r8/entry-12188677215.html

もしかこさんとお住いが近ければ対面で相談されたほうが良いかもです。(ちなみにかこさんは東京在住です)

ルーキーさん

クワトロです。胃カメラと腹部CTにて問題はなかったのですが、いまだ胃もたれが一進一退の状態です。検査したところでは機能性胃腸症ではないかとのこと。いろいろ調べると離脱とかであるみたいですね。

胃カメラは喉麻酔のみで行いましたが、そんなにキツクはなかったです。
胃カメラを操作する医師の技量にもよるみたいですね。

頭痛とめまいもつらいですよね。少しは落ち着かれましたでしょうか。

離脱だと思いますが、めまいが続くようならばMRI検査をして安心されたほうが良いかなと。安心が少し離脱を和らげる場合もあると思います。。。

kobuさん

クワトロです。

みんな いつもkobuさんのことを思っていますよ。いつも一緒ですよ。

kobuさん

鬱症状、辛いですね。
私も先週、不安感のような気持ちが落ちてしまうような感じになり、毎日のように高橋先生にお願いしてました。
メインは頭痛とめまいですが、一日の中で楽になったりひどくなったりを繰り返しています。

クワトロさん

断薬して7か月。
自分では離脱症状なのかどうかわかりません。
以前にMRI検査をし、問題なしと言われました。
整体の先生からは、左脚がいまだに歩くのに不自由さがあるのですが、それが原因で体の歪みがひどく、脳への血流が悪くなってるのではないかと言われています。
確かに整体後は少し楽にはなるのですが、また元に戻ってしまいます。
一体何が原因なのか・・、困ってしまいます。

ルーキーさん

クワトロです。

デパスは筋弛緩作用が強いので、減薬・断薬すると、その反跳作用でいろいろなところの筋肉、関節が固まるようです。MRIでの検査で問題なしでよかったです。
やはり離脱症状だと思いますが、さよならデパスの管理人様に質問してみるのも1つの手段だと思います。

さよならデパスの管理人様もめまい、股関節、腹筋が固まったと書かれていました。

整体後に元に戻ってしまうのは、内側の筋肉が硬直しているのが原因ではないでしょうか。

さよならデパス
http://depas.blog.jp/archives/1058060680.html

あと参考ですが。
ベンゾジアゼピン離脱症候群
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%BE%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%BC%E3%83%94%E3%83%B3%E9%9B%A2%E8%84%B1%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4
このサイトには離脱症状についていろいろ書かれています。

山椿の蜜
http://blog.goo.ne.jp/yume1
この方はデパス9年で、デパス単体で減薬・断薬された方です。
わたしもたまに症状などについてコメントで質問しています。

それと、デパス服用4か月で途中からセルシンに置換にて断薬された方がいて、こちらもいろいろコメントで質問していたのですが1か月ぐらい前に閉鎖されてしまいました。症状が良くなったりすると更新しなくなったり、閉鎖してしまうのですね。

多分頭痛も肩・首の筋肉の硬直による後頭神経痛によるものだと思います。http://www.noncolle.com/illness/93.html

あと、首の骨がまっすぐだとめまいを起こしやすいようです。
http://www.irino.jp/dizzy/cause/sofneck.html

クワトロさん

詳しい情報をありがとうございます。
以前に手のしびれで整形外科でストレートネックを指摘されました。
筋硬直は自分でも自覚しています。
以前よりはよくなってきているとは思うのですが。
同じ身体の中で、背中から首、後頭部にかけて硬直を感じ、腕の脱力感を感じることが多々あります。

ルーキーさんクワトロさんへ

私の鬱治るかな…もう2年目です。
娘といると息苦しくなって、嘔吐して、食べれない、眠れない。
母親から子育てを奪ってしまう産後鬱。
残酷すぎる病です。
娘を世界一愛しているのは私。命がけで産んだのも私。
娘が大切で愛しくてたまらないのに。私から娘を奪う病。
娘からママを奪う病。
今日は娘は喘息と診断されました。
ずっと咳が酷く眠れない。娘は体が弱いので、そんな苦しむ娘を見てられなくて、私の鬱はどんどん酷くなります。
子育てがもう怖い。

kobuさん

大丈夫です。
根拠はありませんが大丈夫です。
私も毎日のように考えてしまいます。
でも大丈夫です。
私をクワトロさんやぴぴさんの前向きな気持ちが元気づけてくれます。
お二人ともきっと私なんかよりずっと苦しいはずなのに、とても前向き。
尊敬してしまいます。
kobuさん、薬以外できることをやってみましょう。
私も考えます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ルーキーさん

ルーキーさんありがとう。
またまた詳しく…
いつも本当にありがとうございます。
クワトロさんもpipiさんも前向きで、その精神力が凄く羨ましいです。
私は弱くてすぐ体が反応して嘔吐です。

kobuさん

クワトロです。

大丈夫ですよ。頑張りましょう。

No title

一睡も出来ませんでした。
せめて目を瞑り横になろうとしても、胸がドキドキし始め、脳は覚醒しいてもたってもいられず、起きて嘔吐。部屋じゅう歩きまわり、呼吸困難。
眠る事を許してもらえないんです。
鬱なのか何なのか全く意味が分からなくて、この発作が出た時は死ぬほど苦しいです。どうしても自分じゃない感覚なんです。
産後こんな状態で病院へ駆け込んだんです。
鬱でお薬やめた人、鬱治っている人が多いです。
私は違うので途方に暮れています。
こんな状態で生きていくの難しいです。

kobuさん

クワトロです。大丈夫ですか?

kobuさんも一度かこさんとお話しされてはどうでしょうか。

http://ameblo.jp/aaa2806899/entry-12184338124.html

対面、電話、メールでの相談が可能です。ただし有料ですが。。。

kobuさん

クワトロです。たびたび。

考えてみたのですけど、はやり一度大学病院に問い合わせしてみてはどうでしょうか。本人がつらければご家族に連絡してもらうことは可能でしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

大切なこと

kobuchoroさん

お嬢さん、昨日喘息の診断を受けたのですね。

ひとつ、これはとても大事なことです。
以下は医者としての夫の意見ですが、
こういった状況下では、
私もまったく同意する内容のものです。


kobuchoroさんの苦しんできた薬物と
お嬢さんがいざというときに
(呼吸が苦しすぎるような状況に立ち至ったときに)
病院へ駆け込んできちんとステロイド吸入を受けることとを
同じように危険ししては絶対ダメですよ。

喘息の発作のときに
ステロイド吸入をしてあげないと
命に関わることもありますからね。
(私がかつてそうしたように)

以前のブロクにも書いたように
西洋医学も
救命救急は優れているのです。
そこで扱うステロイドを
発作の際に嫌うことはないですよ。

そういうときだけは
「病院があってくれて助かる〜!」と
心の安心材料にしてあげてください。

もう一度、言います。
お嬢さんがこの先もしかしたら受けるかもしれない
ステロイド吸入と
あなたやたくさんのたくさんの人が
精神科や心療内科から処方される薬物
から受けた被害とは
あまりにも状況は異なります。


決して同一視して
恐れを抱かないようにしてくださいね。


お嬢さん、今2歳でカラダが弱いのですね。

今、お嬢さんのような喘息のお子さんはとても多いそうです。

まだ免疫が発達していないので
そういう状況になりがちですが、

それでも、将来カラダが大きくなり
免疫も亢進してくれば
喘息は結構よくなってくることがとても多いのです。

喘息発作が出て緊急でステロイド吸入をした人が
その後すぐに怖い依存に繋がるということは
こと、喘息に関してはそこまで神経質になる必要はないとのこと。

そのことも付け加えたいと思います。

文面から、お嬢さんのことが心配な気持ちが
あなたの心理を極端に追い詰めているように感じられます。

だから、このことを急いで伝えたいと思いました。

喘息発作がこの先お嬢さんに出るようなことがあったとき
ステロイド吸入することを恐れないでください。

お電話、いつでも待っています。

kobuchoroさんへ

kobuchoroさんへ

そんなにも辛かった今のあなたのこと、
わからなくてごめんなさい。
kobuchoroさん、
手の打ちようがないなんてことは
人生にはありません。



アメリカに住んでいた当時、
知人家族の非常に辛い状況を
一人の女性の霊能師さんが
親身になって支えてくださいました。



その方のアドバイスの仕方を思うとき、
人の深い悩みに本当の意味で
向き合うことのできる人というのは、
私たちが普通は目に見えないものが
見えるような人々だけなのかもしれない・・・
私にはそのように感じられました。



私は霊能師という仕事をしておられる方を
闇雲に信頼しているというわけでは “決して” ありません。


その方のことをブログでも少しですが触れました
(Mさんといいます)。
http://hatsublog001.blog.fc2.com/blog-entry-19.html



裏街道のお仕事ですが、
彼女のして来られたことは
《地道で偉大な人助け》です。



日本で活躍されている、同じ能力を持った方とも
ご友人同士でした。

彼女の電話番号は現在調べられない状況ですが、
なんとか探し出してみたいと思います。


Mさんが真っ正直にお話しして下さったことですが、
どんなに能力の豊かな霊能師の方も
体調などの影響で能力が低下することがあるそうです。
アメリカで最後にお会いしたとき
そう言っておられました。

ですが、彼女を上手く見つけることができて、
もしもご本人が体調がお悪くとも、
彼女ならkubochoroさんの現状に
適切な手助けのできる
彼女と似たような能力を有した方を
教えてくれるはずです。


kobuchoroさん、コメント欄に私がアップした
あなたの文章を絶対に消さないでください。

優れた霊能者の方をご存知の方と
つながる可能性があるかもしれません。


少しだけ時間をください。
kubochoroさんの今の状況には
そういった方々があなたにお伝えできる
何かがきっとあるに違いないと思っています。

お嬢さんへのkobuchoroさんの気持ちにも
聞けばきっとあなたが
「やはりすべてが必然だった。」
と思える理由が存在するはず・・・・。

あなたのためにも
お嬢さんのためにも
ご両親様のためにも
その “何か” を知って欲しいから・・・。
そして、大事なことは、
その何かを知れば
物事が解決へと向かうということです。

またご連絡しますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

指の腹のマッサージについて

kobuchoroさん

お陰様で親指のマッサージの仕方、
ちょっとわかりにくかったことに気づくことができました。

足裏地図とマッサージのやり方を追加したので、
kobuchoroちゃんも
もう一回その部分を読んでみて。

腹の真ん中だけでなく
側面 (特に人差し指と接している側)や
先端部にもツボがあるので
どこが凝っているかチェックしてみてね。

足裏地図を参考に
お父様やお母様の弱点部のコリも
見つけてあげたりできるかも・・・!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

クワトロさんルーキーさんpipiさんHeartLibertyさんへ

私の事を気にかけ言葉を大切に大切に選んで、コメントを下さることが伝わります。
特に、クワトロさんルーキーさんpipiさんは自分が今過酷な状況にあるにも関わらず、他人を思いやり労わり、私は今まで生きてきて、これほど人の優しさ幸せを感じたことはありません。
今は地獄のような日々です。
でも、こんな風に痛いほど幸せを感じられる時間もあるのです。こんなこと普通に生きてたらあのまま生きてたら感じられなかった。
私の鬱症状は深刻ですが、いっぱい毒を吐いてしまいますが、私の本心ではないのです。
苦しさゆえ、口からそんな言葉が自然と私の本心であるかのように出てくるのです。

離脱症状はね、必ず回復します。大丈夫。
私は元症状をまだ捉えきれていないです。方法はまだ模索中。
HeartLibertyさんにも巡り会うことが出来、足のツボなど、また色々な世界を頭の働かない私にもすごく丁寧に優しく語りかけるように教えて下さいました。
HeartLibertyさんのブログに残した私のコメントは壮絶です。
鍵コメにしようか今まで思いましたが、HeartLibertyさんに委ねようと思いました。
皆さんが私を想って下さるのと同じように私も皆さんのことを想っています。

kobuchoroさんへ

kobuchoroさんへ

今、あなたが今朝、こちらへ記されたコメントを読みました。

私がブログに載せさせていただいた、
コメント欄にいただいたあなたの文章、
2箇所とも削除しました。

思いが差し迫っておられる様子でしたのに
私の無知ゆえコメントをお届けすることが叶わず、
結果的にあのとき、あのような判断をしました。

今朝のこちらのコメントで、
今のあなたの思いが痛いほど伝わりました。

あなたがご相談されたいと思うなら
心の専門家以上にkobuchoroさんを
上手に助けてくださる可能性のある方も
見つかりました。

kobuchoroさんがそんな思いでおられるのに
あなたのコメントを載せておく理由は
まったくありません。

お電話をいただいたとき、
あなたのコメントをあのまま載せていて良いかを
私の方からきちんと聞いて差し上げればよかった・・・。

ごめんなさいね。

kobuchoroさんの服用していらした
お薬に対する知識不足も大きく、
kobuchoroさんの不安への助けが
できなかったと思います。


方法を模索中とのこと、
きっとkobuchoroさんに合った方法を見つけられる、
お話をして心からそう思いました。
乗り越えられると信じて進んでください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

HeartLibertyさんへ

私のコメントは載せていただいても削除していただいても、どちらでも構いません。
実家の裏に鉄工所があり鉄粉が飛んでくるのです。
洗濯物にもつきます。なので、部屋干ししたり、24時間換気で閉めきってたんです。
私が産後からずっと調子が悪かったので、1歳まで娘を外に出してやる事が中々出来ませんでした。
母は娘を抱っこ出来ない。私も出来ない。
ほとんど家にいる状態。
これではダメだと思い1歳で保育園に入れました。
それから風邪のオンパレードで2歳でついに喘息と診断を受けました。
保育園に登園するのも月に5〜10日くらいです。ここまで体を弱くしてしまったのは、私の責任です。
母に話して窓を開ける事にしました。
そして私は体調が許す限り、掃除しています。
最初はどうしてこんな次から次へと問題が…と嘆いていました。
娘が健康なら、保育園で元気に遊んで、私も鬱がよくなるかもしれないのに…そんな考えしか浮かばなかった。
でもまた私は気づきを得ました。娘が喘息にならなかったら、こんなに掃除しないし家の中も閉め切ったままだった。
今は窓を開けて、掃除で体を動かし(しんどいけど、気持ちがいい)娘のツボや自分もツボ押しをしている。
全ての出来事がその人にとって絶妙なタイミングで最高の形で起こる。そんな風に思えます。
とは言え、娘が発作出ている時は、やっぱりやめてと思ってしまいますが…苦笑。
本当に私の想いをHeartLibertyさんにぶつけすぎて、大変な心配をかけ気を遣わせ本当に申し訳ありません。
色々なアドバイスを下さり、私の中で何かが今変わり始めています。
まだ自分でよく分からないけど…
これからも私は発作に苦しむと思います。死にそうになると思います。でも、少しずつ私の中で何かが変わってくれたらいいな…そんな風に思います。

kobuchoroさんへ

kobuchoroさん

“遺書” とも取れるような
(同じ文章の)メッセージ2つを
迷惑コメントboxの中に見つけたのは、
実は昨日の朝の出来事でした。
お電話いただく直前(?)に送信されたのでしょう?


気付くのが遅れたことを
どれだけ神(宇宙さまさま)に感謝したことか・・・。
kobuchoroちゃんの電話番号を知らない状態で、
もしも開けて読んでいたら・・・。

流れがちょっと違った方向に行っていて、
もしあの同じメッセージを
クワトロさんルーキーさんpipiさんが
読まれていたとしたら・・・

冷静なときのあなたになら
3人がどれだけ心配されるか
一番良くわかっています。


危機のときの精神状態は “別人格” みたいだというのも
本当に本当にそうなのだと思います。
タンポポさんもkobuchoroさんと似た症状とのこと
その残酷さは如何ばかりかと思います。


でも・・・
あんなことを、
あなたが “ほんとうの自分じゃない” と思う自分に
言わせないよう頑張ることができるのも
kobuchoroさんしかいません。


そして私はあなたと出会った最初から
あなたが頑張れる日を迎えると信じていました。


お嬢さんの苦しい喘息の発作の主犯となっていた
物理的要因だった “一年中締め切り状態” に
ようやく終りを告げることができました。


目を合わす事も出来なかったお嬢さんの
ツボまで押しています。


これからもまだ発作に苦しむと思う。
死にそうになると思う。

でも、発作をなんとか乗り越え、
死にそうな気持ちをなんとか乗り越え、
kobuchoroちゃんの言う
「フッと楽になるとき」、

お嬢さんを苦しめていた “環境” を変える
お嬢さんを苦しめていた “虚弱体質” を変える
ための行動を取り始めました。

お掃除をしているとき
「しんどいけど、気持ちがいい。」
と感じているのですか?
kobuchoroちゃんがお嬢さんに抱いている
「あなたの魂の奥底の本当の気持ち」
が目覚めたからだと私には思えるのですが・・・。


私があなたに
「いつか会いたいね〜。」と言ったときの
「娘と一緒にいつか元気になって会いたい!」
というあなたのことば、
どれだけうれしかったことでしょう。


「コメントは載せても削除してもどちらでも・・・」
とのことですが、
もしまた載せるのであれば
あなたが本来のあなたを取り戻してからにします。

元気溢れるメッセージと共に
「あんな時代があったな〜。」
(私が人生の諸々を
現在そんな風に懐かしむのと似て)
と、まるで他人事のように
思えるときが来てからにしたいと思います。

昨日の朝やっと読むことになった
あの遺書みたいなメッセージは、
「あの気持ちがすっかり過去のものとなる」
日を迎えるまで、
私一人の胸にしまっておきます。


kobuchoroちゃんが大変な度に
あなたを心配しておられる
クワトロさんルーキーさんpipiさん。

kobuchoroちゃんをすごく心配している
少なからぬ人々に
ますますあなたのことを
心配させるわけにいかないから・・・。

私への最新のコメント
とてもうれしかったです。
つまり、kobuchoroちゃんから
元気にしてもらいました。

辛いカラダを引きずりながらのお掃除でも
それをしていて「気持ちがいい」と感じるのは
「人を元気にしたい。」
本当のあなたが
そういう人だからなのでしょう。


本来のkobuchoroちゃんに相応しいことだけを
これからは書いて来て下さいね。
「自分じゃないから言っても許す。」
はダメですよ。
聞いた相手にも心があるのですから・・・。


ツボやアレルギーのことや
私にお応えできる範囲での
医学的なことその他、
メッセージ欄でいつでも
ご質問を受け付けます。


ツボ押しがそうだったように
kobuhocroちゃんのふとした言葉が
他の方々にも細かい情報提供をしなくちゃ、
と私が思うきっかけになるかもしれないしね!

少しずつ・・・それが大切なのです。
時に後退して見える日があったっていいんです。



PS: 今までハウスダストが
外に逃げられない状況だったから、
ドアや窓を開け放ち始めた当初は
けっこう隠れていたダストが動くことにより
咳は増えたように(悪くなったように)
感じるプロセスを経なければならないかもしれません。

でも、その時期は、もしあったとしても
長くは続かないので、
パーっと開け放っている状態を
最大限長い間キープしてくださいね。

ハウスダストの問題だけではなく
開け放つことで(鉄分は混じっても?)
良いエネルギーも入ってくるはずです。
「鬼は〜外、福は〜内」
みたいな効果もあるみたいですよ。
いろいろお得でしょう?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

kobuさん、調子はいかがですか?

私は日内変動が大きい日が多いです。

kobuさん

お久しぶりです。クワトロです。

やっと涼しくなってきましたね。体調はいかがでしょうか。?

ルーキーさん ぴぴさん

クワトロです。お久しぶりです。

みなさん体調はいかがでしょうか。私はあいかわらず胃もたれが一進一退です。。。

クワトロさん

胃もたれ続いているんですね。。
私は歯茎の炎症で頭から肩まで右半分が痛くて、、
我慢できずロキソニン飲んでいます。
心身下降してます。

クワトロさん

クワトロさん、こんにちは。お久しぶりです!
胃の調子がいまいちなんですね。
私はHeartLibertyさんにアドバスをいただきながら、足ツボマッサージと塩分を摂らない食事に取り組んでいるところです。
好転反応と思われる症状もありますが、まずはこの治療法にかけてみたいと思います。
また報告しますね。

9/15鍵コメ様へ

食べ物も頑張っていたんですがね…倒れてしまいました。
睡眠不足と栄養失調です。
今は、病院食です( ;∀;)
いつも優しいお言葉ありがとうございます。
色々ゆっくり考えてみる機会を得ました。
また色々教えてくださいね。

クワトロさんへ

お久しぶりです。
とうとうやらかしてしまいました…私!
仕切り直しです。ワイパックス3錠とリフレックス半錠そして自分の鬱。
ゆっくり考えて歩いていこうと思っています。
私は減薬断薬に力を入れすぎて鬱病である事忘れちゃってたから。

季節は涼しくなってきましたね。私は冬が苦手で…
クワトロさんも体調どうですか?減薬ゆっくりしてくださいね(*´꒳`*)