FC2ブログ

当たり前の事なんかこの世にない

★注意書き★
離脱症状の記事はあくまで自分の記録として残しておきたいので綴っています。
減薬中の方がこれを見られると、不安を増幅させる可能性がありますので、読まない事をお薦めします。
しかし、こういう人もいるのだと、経過を知りたい人は読んで下さい。そして、自分の減薬に役立ててほしいと思います。参考にする所はする。よろしくない部分は危険と判断し参考にしない。
皆さん、情報を取捨選択していって下さいね。





昨日は落ち着いていましたが、今日…
14:30 ちょっと嫌な感じが襲ってきました。
ぞわっとするこの感覚に襲われるとめちゃくちゃ怖い。普段はこの感覚思い出せないのですが、軽いのが襲ってくると、思い出します。転がり落ちるのが怖くてずっとビクビクしている状態ですね。
頭の圧迫感が強いです。そして鈍い緊張感…この緊張感が強くならないか…それが頭から離れず怖いです。

離脱症状しつこいくらい今まで経験してきました。錯乱状態になった事も多々あります。何度味わっても怖く、強くなんてなれない。
私は元の症状がありますからね。断薬が完了してはい!終わり…とはならないです。
まだ離脱症状がどうなるかも分かりませんしね。
セパゾンの断薬時は、2週間後に離脱症状がやってきました。酷い状態に陥り再服薬するも収束するどころか、どんどん酷くなり、あまりに苦しく、自分で命を絶とうとしました。
そして、人生で初めて精神科に入院となったのです。

薬を仮に終えたとしてもその後、この症状に襲われた時、自分で対処しなければならない。私はこの症状と共に生きていかなくてはならない。
まだまだ勉強しなければならない事がたくさんあります。呼吸法、栄養療法、認知行動療法…離脱症状を抱えながらの生活は大変なので、中々進みませんが、それは皆さん同じ。必死に闘っておられます。それが私の救い。1人じゃないから…こんな事を経験していなければ、平凡に暮らしていたでしょうね。
この病気になって、この薬を服薬して、普通の生活がどれだけ有難い事か幸せな事かに気づきました。
ご飯を食べ、お風呂に入り、眠るまで…この日常の中にどれほどたくさんの幸せが詰まっているか…きっと病気にならなければ、気付けなかった事でしょう。
昨日は娘とお風呂に入れるだけで涙が止まりませんでした。
私にとっては、当たり前の事じゃないから。。昨日は娘を抱いて泣きながら眠りました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。