FC2ブログ

断薬後が本番という言葉



20171209164354603.jpg


年末ですね…

忙しいです…日曜日まで出社しています(^^;)

でも、来週は、福井県まで旅行に行くので、それまで温泉を楽しみに乗り切りたいと思います(*´꒳`*)


さてさて、



【断薬後が本番】

なんて、言葉…


巷ではそんな風に言われていますね。

私も一番よくされる質問かもしれません。
断薬後の事、断薬後の離脱症状の事…



私のブログ記事を初めから読んでいらっしゃる方なら、私の経過をだいたい分かっていらっしゃるかもしれませんが、私の記事も多くなってきており、全ての記事に目を通す事は大変難しいように思います。

私は断薬成功するまで、何度も失敗してきました(^^;)

大きな失敗は、1回なのですが、それまでにも、離脱症状や精神薬に全く知識がない頃、何度も薬を辞めています。

それは、急に辞めると離脱症状が出現するとか、依存形成されるとか、そんな説明は、医師からも薬剤師からもされず。

断薬するたび、苦しくなり、病院に行くと

「まだ、鬱が治っていない。しっかり薬を飲みましょう」

こう言われ続けました。
病院は…
主治医は…
何度変わった(変えた)事でしょう…
最後まで私が望むような医師には巡り会えませんでした…


私も私で、医師を疑わず、
そうなんだ!
薬を飲めば、治るんだ!
そう思い真面目に薬を飲んでいました。

何かがオカシイと調べた頃には、もう既に遅く、しっかり依存者になっていました。

最初は、包丁で削って…

でも、離脱症状がキツく…

それにも限界がきて、そんな時にワイパックスさんの水溶液減薬と出会いました。

ここからようやく、本格的な減薬生活に入るわけなんですが、この頃の私は、頭の中が薬の知識でいっぱいでした。

まず、敵を知らなければと思い、必死に調べ、ネットだけでなく、図書館にも足を運び、読み漁りました。
もう頭の中は…
薬…
薬…
薬…
一色…(^^;)

そんな私が減薬生活に入るとどうなるか…

脳の回復なんて、ほぼ無視。
離脱症状がキツくなければ、どんどん減薬。
ステイ期間もあまり取らず、ベンゾを減薬したり、抗うつ剤を減薬したり、今思えば本当に無茶苦茶でした。

薬の知識で頭でっかちになった私にとって、薬は恐怖でしかなかったのです。
とにかく、早く一刻も早く辞めたい。
早くこんな悪魔みたいな薬と手を切りたい。
休職なんかしてる場合じゃないんだよ…
大事な娘…

早く…
早く…
早く…

焦りしかなかったんです…

一刻も早く、元の日常を取り戻したくて…

こんな風に減薬していれば、もちろん減薬量も無理したりしますよね。

そして、ついに私は痛い目にあうことになります…

ステイ期間もあまり取らず、どんどん減薬してしまい、離脱症状がキツくなった時には、どちらの薬が悪さしているのか、判断出来ず。

挙げ句の果てには、ベンゾの離脱症状だと思いこみ、慌ててベンゾを増薬…
でも実は抗うつ剤の離脱症状だった…
気づいた時には、もう遅かった。

服薬しようにも、副作用も強く出てしまい、薬が飲めなくなってしまい、ベンゾも抗うつ剤も強制的に断薬になってしまいました。

このあたりは、私が閉鎖病棟に入院になった頃の記事に詳しく書いています。



どれだけの人に迷惑をかけたか…

この時の断薬後は、凄まじいものでした。

断薬に耐えられたのは、僅か数ヶ月でした。

まさに

【断薬後が本番】

という言葉がピッタリ…

離脱症状は、おさまるどころかどんどん酷くなり、収集がつかなくなりました。

閉鎖病棟に入院してやっと、目が覚めました。

大切な事を忘れてしまっていたと…

なぜ、断薬に失敗したのか?

減薬、断薬スピードが早すぎた。
脳の回復が追いついていないにもかかわらず、脳の回復を無視し、減薬をし、断薬した為です。

それだけの事なんです…

脳の回復を意識してから断薬をすれば、断薬後が本番なんて事は、あり得ない…


私は服薬履歴にある通り、様々な薬を飲んできましたが、最後の方のお薬で言うと、ワイパックス。
もともと1.5mg服薬していました。
それを0.005mgまで減薬し断薬。

約33/10000まで減薬し、ソフトランディングしました。

そこまで減らした理由は、離脱症状なんて、減薬後半ほとんどなかったけれど、脳の回復をしっかり確認してから断薬したかったからです。

前回の失敗で、脳の回復なしに断薬などあり得ないと学んだからです(^^;)

有名どころで言えば、ワイパックスさんも1/1000まで減らしてソフトランディング。
10年選手ですが、断薬後、離脱症状に苦しまれていません。

私の減薬仲間も、だいたい1/100〜1/600までは減らして断薬しています。

断薬後の離脱症状はほぼないです。
軽い症状は、あったりしますけど…


服薬年数が長い方は、より慎重に減らしてから断薬されています。


周りを見ても、ここまで減らした人に断薬後が本番なんて言葉はあり得ない。

ほとんどの方が10年以上選手です。

私は以前にもお伝えしましたが、服薬年数は全く気にしていません。

慎重にすれば、必ずいつか薬はゼロに出来る…

焦らない事。

薬ばかりに囚われない事。

常に脳の回復を意識する事。

大切なのは、減薬、断薬じゃない。

脳の回復。

薬がどれだけ減っても…

たとえ断薬出来ても…

日常生活が機能しない。
体が元に戻らない…
では、意味がないです。

目的は、脳を回復させ、薬を飲む前のような健康な自分を取り戻す事です。

どうか、目的を見失わないで下さい。

私のような失敗はしないでください。

必ず、離脱出来ますからね!!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

kobuchoroさん、更新ありがとうございます😊

kobuchoroさんの、奇跡のような回復。
ほんとタイトロープを渡るようなものだったと思います。

隔離病棟に入ったからこそ、減薬を大幅後退させながらも離脱症状を抑え命を繋いだんですね!

その後は、最初速めで、途中から慎重な減薬で完全回復!
見事と言うか奇跡と言うかわかりません。

抗不安剤減薬のバイブルがワイパックスさんだとすると、kobuchoroさんのは仕事、育児、闘病、家庭、その集大成ドキュメンタリーですね。

kobuchoroさんが、ドン底から這い上がった後に、成功して年を重ねて行くと言う展開で、後に続く人たちは、折れないで頑張れます。

また、今日kobuchoroさんが私のブログにコメントしたくれたことも、とてもパワーをもらいましたよ!少し落ち込んだ気分が、爽快になりました。ありがとう!

*厚生労働省の担当に読んでもらいたい!

たんぽぽさんへ

たんぽぽさんのブログにも久しぶりにお邪魔していました^ ^
いつも長々と申し訳ないです。

奇跡のような回復。なのかもしれないですね。
あの頃は常に死の淵にいたような気がします…
あまりに苦しく、自ら死を求めていました…



隔離病棟に入ったからこそ、大きな気付きを得たわけですが、本当は入る前に気付くべきですよねε-(´∀`; )


最初速めでしたが、今思うとそこもゆっくりで良かったんじゃないかと思っています。慎重な減薬に切り替えてから、かなり体や精神症状が楽になったので…


私のブログは取っ散らかっているにもかかわらず、いつもたんぽぽさんはそんな風におっしゃって下さるので本当に嬉しいです^ ^

私が成功だとは思っていませんが、薬を飲んでいても、未来があり、そして長いトンネルを抜けた後、素晴らしい世界が待っている事を伝えられたらと思っています。

減薬中のブログって暗い内容になりがちだから(T_T)
私もそうでしたし!
そして、断薬するとブログ終了が多いのでね…

私も全く更新出来ていませんが(苦笑)

私の方がたんぽぽさんにいつもパワーをもらっていますよ!!
頑張っている姿に私が背中を押されています!
いつも話を聞いて下さってありがとうございます😊
ブログの繋がりって本当に不思議ですね。
顔も名前も知らないのに信頼関係が出来る。
このブログで出会えた人達、ブログを始めて得たもの…
私にとって宝物です^ ^

本当にありがとうございます(((o(*゚▽゚*)o))


*厚生労働省の担当に読んでもらいたい!
そうですね!
今の現状を…
日本がどうなってしまっているのか、知って欲しいです!!!
緊急事態なのに、全くそれが伝わらない…
精神疾患者の戯言だと思われる…
もどかしいです…

おはようございます

お久しぶりです!元気そうで良かったです✨
私も、元気に過ごしています(о´∀`о)
kobuchoroさんも、私も。断薬後が本番。を経験してからの減薬。そして、同じ時期に苦しんだ仲間。
私の場合、全部の薬を一気に断薬してしまったので、命の危険が生じて1ヶ月しか断薬我慢出来ませんでした。
減薬中に、kobuchoroさんと出会えて本当に良かったです。心強かったですよ!少しずつで減らした人に断薬後が本番なんて言葉は私も無いと思います。だからこそ、断薬後の普通の事をブログに書いておこう。と思ったりもします。一番見たかったのが断薬後元気にしている人のブログだったけど、あまり無いですもんね(^_^;)

水溶液減薬に運など必要ない。そう思うためには、断薬後に普通に暮らしている人のブログ必要だと思います。

前より書けませんけどね(^_^;)

旅行も楽しんで来てくださいねー♪では(о´∀`о)

あずきさんへ

こんばんは^ ^お久しぶりです♪
あずきさんもお元気そうで何よりです!!
あずきさんとは、同じような時期が多いので…とっても親近感(笑)

断薬後が本番…誰もが一度は経験してるんじゃないでしょうか…
医師から説明がないですから、知らずに辞めちゃう人結構多い気がします。

あずきさん…一気断薬で…
本当に無事に生きていてくれて本当に良かったです。
私も何も知らず一気断薬…何度もありますよ!
3日も耐えられませんでしたよ…私…
それを1ヶ月も…よく耐えられましたね(ノД`)
やっぱりあずきさんは我慢強い!!

私も減薬中にあずきさんがいてくれて本当に心強かったです。

考え方にも共感してくれて…

一人じゃないんだと何度も励まされました。

断薬後の普通の暮らしを綴っておられるブロガーさんは、ほとんどいらっしゃらないですよね…(^^;)
途中で更新が途絶えているものが殆どで、不安で不安で仕方がなかった記憶があります。

私達は、そんな彷徨っている方々にとって、少しは希望になれているかしら(^^;)?苦笑

そんな風に言う私も更新が月1くらいになってしまいました(´-ω-`)

まあ、ボチボチ行きましょう!!!

旅行ゆっくりしてくるね^ ^
1泊だけど…
あずきさんも風邪ひかないように!!!

コメント嬉しいです♪
いつも、ありがとう(((o(*゚▽゚*)o)))♡

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開さんへ

非公開さん、こんばんは☺️
お久しぶりです^ ^
やりとりさせていただくのも久しぶりですね。
私は福井県に来ていますが、雪雪雪…
皆さん雪かきしておられました。
私の両親が2人とも12月が誕生日なので、誕生日プレゼント旅行です^ ^
主人は仕事が忙しく休みが取れず、私、娘、私の両親でゆっくりしています(о´∀`о)

もう12月ですね。
早いですね。

早いと感じる事はいい事ですよ。
不快な時間は、長く感じるものですから、非公開さんが早く感じるとおっしゃられて安心しています^ ^



医者から出た薬だからこそ、真面目に飲む方が多いですよね。
離脱症状とはわからずに風邪薬なんかと同じように辞めてしまう…
そもそも、減薬なんかしようと思いませんよね…普通…
なので、向精神薬を経験した誰もが一度は一気断薬を経験した事があるはずなのです。


どうにもならなくなって閉鎖病棟に入院して、やっと全てに気付く…
遅すぎですが、私はそこから何かが変わりました。

コメントの返し通り、
「最初ももう少しゆっくりと減薬してもよかったかも知れない。」
この通り…そうすればあんなに苦しく怖い思いをせずに済んだと思っています。

脳の回復よりも、薬を辞めることに重点を置いてしまっていたんですよね…
薬を辞めれば全て解決すると思っていたから…

でも、実際は違う。
無理な減薬で酷い離脱症状を出してしまうと中々回復しない…
いつ回復するかも分からない。
最悪回復しないかもしれない…
そんな危険な橋を渡る必要などないんです。
微量でいいから、確実に前に進む事…
それが一番、精神的にも、肉体的にも一番楽で近道なのです。

薬を辞めれても、体が元に戻らなかったら何の意味もないですからね。


レンドルミンのジェネリック0.0625㎎まで来られたのですね。
随分減りましたね。頑張られましたね。
うまく進んでいくと、ついつい減薬速度を上げたくなりますが、慎重に慎重に自分でブレーキかけて下さい(笑)


やはり、断薬後が辛い…
と、おっしゃる方ががたくさんいらっしゃいますが、話を聞くとやはりスピードが早く、減薬量が多いんです(´Д` )


10年以上選手の方が殆どです。大丈夫です。

パキシルが心配の元になっていらっしゃいますね。ゆっくりゆっくり微量でいきましょう。
一番慎重にいかないといけないお薬だと思います。
パキシルの特異的な性質は、他の薬剤の血中濃度も下げてしまうこと…これが一番厄介。
なので、一番最後に回すのが一番いいんですが、そこは非公開さんが決める事ですね。

あと、産後鬱仲間の方々は、減薬、断薬をしたりして回復されているのですか?

薬を飲まなかったお母さん方は、だいたい子供が3歳になるまでに回復しておられます。
すっかりよくなっていらっしゃる。
一方で私のように薬を飲んでしまった方は、やはり回復が遅いです。皮肉ですよね。
早く治すために飲んだ薬が仇になるなんて…

それは、途中から産後鬱で苦しんでいたのが、薬へとすり変わるから。

そして、そんなお母さん方は、やはり元気になるのは、薬を辞められた後なんですね。

この事からも、産後鬱に向精神薬は必要ないと言い切りたいのですが、私自身あの時薬を飲んでいなかったら命を自ら絶っていたと思うので、その点では、薬を全否定できない。

ただ飲む期間が問題だった。

すぐに飲んで楽になったんだから、すぐに辞めて(依存者になる前に)、子供を保育園に入れ、別の対処をすべきだったのに、それが出来ていなくてこんな遠回りをしてしまいました(´-ω-`)

産後鬱のお母さん方とお話するとお薬肯定派と否定派にキッパリ分かれます。

肯定派のお母さん方は、私と同じことを言います。
あの時薬がなかったら、自ら命を絶っていたと…
今でも飲んでいらっしゃるお母さん方はたくさんいらっしゃるけれど、皆さん体調悪いです。

薬が原因だよと私は警笛を鳴らし続けていますが、私の言葉よりも医師の言葉の方が説得力があるようです。残念ながら…

私の結論は、薬の断薬無しに真の回復はないと考えますが、私は自分の考えを押し付けるのは、好きではないので強要はしません(^^;)
非公開さんも薬が減っていくと、どんどん楽になりますよ^ ^


仕事は忙しいですね。
でも、楽しいです。自分で選んだ道でもあるのと、私生活で、経営者の方や企業のトップクラスの方々と対等にお話をさせていただく機会なんて皆無ですが、仕事ではそれが叶ってしまう…
しかも、かなり年下で女である私を対等に扱って下さる…
面白いですね。勉強にもなりますし、そんな職種、中々ないと思っています。

忙しい事は全く嫌ではないんですが、ブログが全然更新出来ません(笑)

お仕事をさせてもらえる場所があること、有り難いですね(^^)本当に…

私の体の事も気にかけて下さってありがとうございます。
咳は随分よくなりましたが、全く出ないわけではなくて…
風邪をひくとやはり一気に咳がひどくなるので、食生活やサプリメント、植物性100%のプロテインなど飲んで、かなり気をつけています。
サプリメントや栄養についての記事も書きたいんですが、まとめるのに時間がかかるので、全く進まず(´-ω-`)
いつ書けるのやら(^^;)

職場にもタンブラーやスープボトルを持って行って、常に温かい飲み物を飲む事を心がけています。
普通のカップに入れても30分も経てば、冷たくなってしまうので(^^;)
体温が上がると免疫力もアップするので、最近は体温をあげる事を意識しています^ ^

薬大量に出されたんですよ。
ステロイド吸入も入っていましたが、全て調べステロイド吸入は吸っていません(苦笑)
肺は炎症で、レントゲンで真っ白だったので、抗生物質のみ飲みました。

以前の私なら処方されたお薬全て飲んでいた事でしょうね(^^;)

長引く咳は私のように放置すると危険なので病院には行かないといけませんね。

非公開さんもこれから寒さがどんどん厳しくなってきますから、減薬も無理しないで下さいね。

私のブログ閲覧者さんも、この時期、ステイの方が多いです。

決して無理せずに…

今日も気づけばこんな長いコメント返しになってしまいました(´-ω-`)

いつも申し訳ないです(´Д` )

いつもコメントありがとうございますね(((o(*゚▽゚*)o)))♡

はじめまして

kobuchoroさんはじめまして
以前からブログは拝見させて頂いていたのですが
コメントするのは初めてです。

ずっと減薬し続けて来てあと少しの所まで来たのですが、
断薬後が本番と言う言葉に怯えておりました。
私も一度、一気断薬に近い事をして
失敗し精神科に入院した事があります。堪え難い症状でした。
kobuchoroさんの記事を読んで心が楽になりました。
成功された方のお話は本当に為になります。
私もソフトランディングを目指して頑張ります♪
貴重な経験談ありがとうございます。

ひなさんへ

こんばんは^ ^初めまして、kobuです。
以前から見て下さってありがとうございます😊
減薬あと少しなんですね。
断薬後が本番であるとおっしゃる方や実際に苦しんでおられる方多いですよね。

断薬は減薬と違い、断薬すると基本お薬は飲めません。
減薬は量を自由に調整出来ますが、断薬はお薬ゼロです。
だからこそ、しっかり脳が回復しているかを確認してから、断薬に…お薬ゼロに進んで欲しいのです。

ひなさんも一気断薬そして精神科への入院経験もおありなのですね(´Д` )
本当にご無事で何よりです。
耐え難い症状…
そして、あり得ないような場所でした。
とてもよく分かります。

慎重に慎重にされていらっしゃるひなさんに断薬後が本番なんてあり得ません。
安心して前に進んで下さい(*´꒳`*)
少しでも、心が楽になって下さったのなら本当に私は嬉しいです。
思い切って、コメント下さってありがとうございますね(((o(*゚▽゚*)o)))♡

最後は緩やかに緩やかにソフトランディングして下さいね^ ^

うまくいくよう私も願っております。



No title

kobuchoroさん、お久しぶりです(*^^*)

年末になりさらにお忙しそうですね!仕事に旅行にリアル充実してるようですごく良かったです(^^♪

私の方は先月から帯状疱疹になってしまいまたかなりメンタル凹みましたが、体が治るにつれて病気になる前より気持ちが楽になり今すごくいい状態になりました。

病気は体からのサインらしいです。4月からずっと気を張った状態だったので少し休みなさいっていうメッセージだったかもしれません。

断薬後が本番、これは大幅な減薬や一気断薬をした人たちの間での言葉、ゆっくり脳の回復を待って減断薬をした方たちには関係ない言葉だと私も思います。でもまだまだ認知度は低くいきなりの減断薬をして苦しんでいる人多いですね。。。

認知度を上げるためにも精神薬で苦しんだ私たちはその経験を発信し続けなければならないことをしみじみ実感しています。kobuchoroさんもお忙しいとは思いますが、気が向いた時でいいので更新続けてくださいね(#^^#)

今日これから冷え取り靴下についての記事アップするのですがkobuchoroさんのブログを参考に載せていただきますm(__)m

寒い季節に入ったので温活大事ですよね。お互い体を温めて冬を乗り越えましょうね(^^♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

チーズ☆彡さんへ

チーズ☆彡さんへ
おはようございます😃来てくださって嬉しいです(*´꒳`*)
おかげさまで充実した毎日を過ごしております^ ^


帯状疱疹((((;゚Д゚)))))))
私はなった事はないのですが、私は産後、鬱になって精神薬を服薬して数年実家暮らしだったんですが、その頃に父がなりました。
初めてでした。
あれは何が原因なんでしょう…
私、そして私の娘が実家に転がり込み、父には心配と相当なストレスを負荷してしまったんだと当時とても落ち込みました。
凄く辛そうでした(´Д` )

離脱症状を抱えて、更に帯状疱疹…
勘弁して欲しいですよね。薬を飲んでいると免疫が下がって、次から次へと病気になっていました(´Д` )

今はいい状態になっているのですね…
本当に良かったです(ノД`)(ノД`)
少し安心しました。

病気は体からのサインだと私も思っています。
必ず原因もあって…自分が起こさせたものだから必ず自分にも何かできる事があると思っています。

4月からずっと気を張った状態…半年以上ですものね。
チーズ☆彡さんは頑張り屋さんなので、休みなさいというメッセージだったのかもしれませんね。
無理しないでくださいね(´Д` )


断薬後が本番、この言葉だけが先行していますけど、ゆっくり進んできた人には、当てはまらないです。
周りをみても…
認知度は低くいきなりの減断薬をして苦しんでいる人、本当に多いですよね。。。
知恵袋などにも溢れていて、それに対する回答も的外れな回答ばかり…(´-ω-`)

認知度を上げるためにも、私もブログ続けます。亀更新ですけど(´Д` )苦笑



そして、そして…冷え取り靴下についての記事をアップされるのですね〜♪楽しみ!!!
私も、寒くなってきて、冷えとり靴下手放せなくなっています。
重ねすぎて、パンプス入らない所が痛いですが…(^^;)
また見に行きますね(*´꒳`*)

私のブログを参考に!?!?Σ(゚д゚lll)
私ので大丈夫でしょうか(笑)
嬉しいです😊ありがとうございます!
私もチーズ☆彡さんの記事参考にさせていただきますm(__)m

寒い季節になりましたよね。
体を温める事本当に大切です。
冷えは万病のもとと言いますから…温活で寒い冬を乗り越えましょうね(((o(*゚▽゚*)o)))♡

コメントいつもありがとうございます😊

鍵コメ様

おはようございます😃
了解しました(*´꒳`*)
また、訪問させていただき、お返事させていただきますね(((o(*゚▽゚*)o)))♡
少しお時間下さい♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

おはようございます(*゚▽゚*)
本当に嬉しいです(●´ω`●)ありがとうございます😊
私も非公開でまたコメント送ったので、またお時間あるときに読んで下さいね♪
いつも本当にありがとう♡♡

No title

ブログ何度も読み返ししてます。((´∀`*))

断薬後が本番にならないようにしなくちゃと思います。

ありがとうございます。

yueさんへ

おはようございます😃
何度も読み返して下さっている…
本当にありがとうございます😊

yueさんのブログも読んでいます。
yueさんの周りはとてもあたたかいです(*´꒳`*)
息子さんに旦那さん、そしてお友達…

離脱症状がまさに鬱症状なので、周りは鬱だから病院へ行きなさい。
お医者さんの言う事を聞いて!
薬しっかり飲んで!
ブログなんて…
インターネットなんて見ちゃだめ!

両親も、主人も、友人もそんな感じでした(T_T)
普通はそうですよね。
薬が悪い。医師が知識がないなんて思わないですから…
私も精神薬を経験しなければ、同じ事を言っていたかもしれません。

閉鎖病棟まで行ってしまった私は、もう家族には減薬を伝えられませんでした(´Д` )
心配をかける…反対される…
一人でコツコツ…
とっても孤独で不安でした。
でも、ここには仲間がいて、手に取るように相手の状態が…
痛いほど分かって…
私は、ブログに…お仲間さんに救われました。
離脱後も、私にとってかけがえのない人達です。
誰一人として、顔も本名も知らない…
なのに私は勝手に絆を感じています。

yueさんがとても羨ましいです(●´ω`●)
頑張りすぎず、たまには、ブログやここで吐き出して…
ワンちゃん達に癒されて…
減薬は無理せず淡々と…
薬が減ってくると、減薬生活の中でも幸せを感じる事が出来てきます。
時々、減薬中である事すら忘れます。


断薬後が本番…
そんな言葉に惑わされず…
怖がらず…

いつでも、遊びに来て下さい(*´꒳`*)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。