FC2ブログ

向精神薬の処分の仕方

20170829041535492.png


おはようございます^ ^
たまたま、お仲間さんとお薬の廃棄について話した事があって、今日は記事にした方がいいかなと思い、準備していた記事を公開しようと思います。

以外と知らない!?薬の処分の仕方…

薬を捨てるとき、最も気を付けなければならないのは、悪用されたり、誤飲されたりしないようにすることです。
血糖値を下げる薬や血圧を下げる降圧剤、また睡眠薬や向精神薬など、使い方を誤ると非常に危険な薬はたくさんあります。


もしも、そんな薬がゴミ袋から持ち去られてしまったら??

どう悪用されるか??

最悪の場合、犯罪に発展してしまう可能性も考えられます。

海外では既に大きな問題となっているのが、医薬品の廃棄による河川の水質汚染です。
特に、抗生物質や抗ウイルス薬を排水口に流すのは厳禁です。抗生物質や抗ウイルス薬が川に流れると、自然界において「耐性菌」を発生させることがあるからです。

自然界には、さまざまな特徴をもつ細菌が存在しています。抗生物質は、これらの細菌を死滅させるものですが、中途半端に使用すると、薬が効きにくい細菌だけが生き残ることがあります。
するとその後は、この“薬が効きにくい”という特徴を持った細菌がベースとなり繁殖していきます。
河川に頻繁に薬が流されると、この薬が効きにくい細菌が生き残るという淘汰を繰り返し、最終的に細菌は、“薬が全く効かない”耐性を獲得してしまうのです。これが「耐性菌」です。

薬は色々あるので、ここでは詳しく言いませんが、今回は精神薬に的を絞りたいと思います。



心の病に使われる薬を「向精神薬」といいます。
向精神薬は第1種から第3種に分けられています。

第1種と第2種は、統合失調症や重いうつに使われる極めて強い薬で、専門の医師の下に慎重に使う必要があるとされています。

医師の下であっても使うべきではないと私は思っていますが…


これらの薬は副作用が強く、また、フラフラするような感覚になる薬もあるので、麻薬代わりに使われる恐れがあります。法律で製造・販売・使用が厳重に決められています。

第1種・第2種向精神薬を廃棄する場合は記録が必要で、2年間保存しなくてはなりません。


第3種についてはそれほど厳しくなく、廃棄記録の義務はありません。焼却や、酸・アルカリによる分解、希釈など、回収が困難な方法で処理をしてから捨てます。

処方された薬局に連絡し、引き取ってもらって下さい。

もう薬局にも行きたくありませんが( *`ω´)

私も近々連絡しないとなとは思っています。

薬数ヶ月分の大量のワイパックスとリフレックス…
その他にも、ソラナックス、ランドセン、ドグマチール、セパゾン…が手元にありますから…


参考までに…

薬局における向精神薬取扱い手引を添付しておきますね。

薬局における向精神薬取扱い手引


お時間があれば、目を通してみて下さい(*´꒳`*)

こうしてみるといかに向精神薬が危険かが分かります。

という事は薬剤師も知っているはずですよね…

でも、説明しない…

何も患者に伝えない…

もはや、それは悪意なのでは???( *`ω´)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちは(^-^)

ご心配おかけしました💦
今日は大丈夫です。
いつも、ありがとう(^ー^)
そして、為になる記事をいつもありがとうございます(*>∀<*)
コメントで教えてくれてありがとう!確かにそうだよね…。悪用される可能性が有るものね…。
ありがとうばかり(笑)

kobuchoroさんと同じ時期に同じ事を考えている事が多くて驚きます(^ー^)そろそろ捨てる事も考えないとな。と思っていたので教えてくれて助かりましたd=(^o^)=b

薬剤師も同罪…。本当に罪だよね。

私は、いつかバチが当たるよ。と思っています。知ってて出してるなら。もう罪です。
自分で何かは絶対にしないけどね💦

知らないなら、仕方がないけど、無知も害だしね…。切ないです…(´Д` )

とにかく、あと何ヵ月かしたら薬局に持っていって処理してもらいます(^ー^)ゴミ箱にポイっと捨てるところでした(^_^;)危ない、危ない…。

うわー!

kobuchroさん、こんにちは^^

精神薬って勝手にゴミへ出しちゃいけないんですね!私ジプレキサ思いっきり燃えるゴミに出しちゃった(>_<)

そうですよね、毒薬・麻薬のカテゴリですもんね、そんなもん普通に捨てちゃいけないか(;^_^Aとても参考になる記事ありがとうございます(^^♪

てかこんなにこの薬に迷惑こうむって、さらに薬局へ返却の手間までかけさせるとは腹が立つー。取りに来い!って言いたいところです(-_-メ)

あずきさんへ

あずきさんへ
こんばんは(*´꒳`*)
いえいえ!大丈夫そうで良かったです。
あずきさんは、頑張り過ぎなのでどんどん吐いたらいいと思います^ ^
私も我慢して我慢して我慢を通り越して、時々爆発しますから!苦笑

薬私も昔は普通に捨ててました(^^;)
向精神薬は、麻薬と大差ないですし、より注意が必要ですよね(´-ω-`)

あずきさんと同じ時期に同じ事を考えている事が本当に多いです…本当に状況も似てたりで…
これからもよろしくお願いします(笑)

薬剤師が分かっていないと言うのは、考えづらいです。
特に心療内科や精神病院の薬を手がける薬剤師が何も言わないなんて…
絶対知ってるくせに…
同罪…。

自分のした事というのは、全部自分に返ってきます。

私達はとにかく医療に関わらない方がいいと思います(^^;)

チーズ☆彡さんへ

チーズ☆彡さんへ
こんばんは(*´꒳`*)
あらま!もう出しちゃいましたか…
私も昔は、普通にゴミ箱ポイでしたよ(^^;)

本当に…
毒薬・麻薬のカテゴリですもんね…
普通に考えたら、ダメなんでしょうけど、結構見落とされがちです(;^_^)

向精神薬ホント腹立たしくて、最後の最後まで、手間かけますね…こいつは(´-ω-`)
取りに来い!本当にそう言ってやりたい!!!!o(`ω´ )o

はじめまして

はじめまして、コメント失礼します。

私の彼氏が精神科に4か月通い、薬に頼りたくないから断薬する!と軽い気持ちで思いたち、
レキソタン10m(5mg×2回/日)を一気断薬して1週間ほどひどい離脱症状にくるしみ、
再服薬を余儀なくされた時に、kobuchroさんのブログを見つけました。

再服薬になったときも、彼は「断薬する方向性で減薬していきたい」と医師に相談しました。
そして
4mg×2回/日 ⇒ 3mg×2回/日 ⇒ 2mg×2回/日 ⇒ 1mg×2回/日 
と1週間ペースで薬は減っていきました。
1mgになった時は医師にも薬剤師にも「これくらいの量なら離脱症状などもないので、飲まなくても大丈夫ですよ」と言われました。
そして1mg×2回/日を1週間ほど服薬し、彼は飲むのをやめました。
もうこの量なら離脱症状はないんだよね?と。

それでも、断薬後、2日目。
眼に見えて彼は離脱症状に苦しんでいました。
震え、吐き気、倦怠感、しゃべれない、一睡もできない、立ち上がれない...
会話も会話にならないような言葉しか話せないくらいでした。

それでも医師にそのことを言うと
「減らしてから止めたんだから、それは離脱症状じゃないよ。症状が出てるよ」と。
何かおかしい、と疑問に思い調べていくうちに離脱症状で悩んでいる人をたくさん見つけました。
そして、彼も離脱症状に苦しんでいる、と確信しました。

一気断薬して1週間にあった症状も、「薬をやめた不安」なんかじゃなくて「離脱症状」なんだと。

先生は鼻で笑って相手にしてくれなかったので、必死になってネットで情報を探しました。

どれくらい続くのか、
どのくらいしんどくなるのか、
どんな症状が出てくるのか、
緩和する方法はあるのか、

調べれば調べるほど、ベンゾ系の薬の怖さを思い知らされました。

1日目、2日目、3日目...となんとか日々をなんとか過ごしました。

「過ごす」というより「なんとか今日も生き延びた」という表現が正しいかもしれません。
希死念慮におそわれ、何度も窓から飛び降りようとする。それをこころの中のもう一人の自分が必死で止める。
一日に何回もそれを繰り返していると聞き、できるだけそばにいてあげようと決意しました。

現在9日目です。
今日も彼は頑張って、生きようとしています。
元の体に戻りたい気持ちだけを頼りに、なんとか、なんとか踏ん張っています。

なんとか少しでも緩和できる方法を探して、私もともに歩んでいきたいです。
いつか必ず、2人で以前のように、心から笑いあえる日が来るという希望だけが今の私たちの心の支えです。

突然コメントしてしまって申し訳ございません。

kobuchroさんのように、乗り越えられるように頑張っていきます。

ありささんへ

おはようございます^ ^
コメントありがとうございます。順番にお返事していきますので、しばらくお待ちください。

非公開コメント様

おはようございます^ ^
コメントありがとうございます。
順番にお返事していきますので、しばらくお待ちください。

ありささんへ

ありささん、初めまして。kobuchoroです。

コメント下さってありがとうございます^ ^

彼氏さんが服薬していらっしゃったのですね。

今は色々調べて、恐怖でいっぱいになっている事と思います。

でも、大丈夫ですからね。

急ぎだと思いますので、とりあえず難しい話は抜きでお話しますね。

ありささんもおっしゃる通り、彼氏さんが襲われている今ある症状の全ては離脱症状だと思います。

元症状ではありません。

私のブログ記事も多くなってきており、目を通す事は困難だと思うのですが、私も当初そうでした。何も分からず、何も知らず。

知った時には、もうパニックで…

医師からは、今ある症状全てはあなたの鬱の再燃です…と言われ続けました。

最後まで…

そして、減薬状況を見させていただいたのですが、かなり短期間、大幅な減薬の印象を受けました。

離脱症状が出ても不思議ではありません。

残念ながら、このような医師がほとんどなのですよね。

減薬に協力しない。離脱症状を否定する…

それで、苦しんでいらっしゃる患者がたくさんいます。

鼻で笑うとか本当にあり得ないo(`ω´ )o

私の医師もそうでした(ノД`)



文章から、1mgまでは、減薬も順調だったのでしょうか?

1mgまでは問題なく、様子をみて断薬されたのであれば、1mg(実際は1mgを2回かな?)を再服薬した方がいいかもしれません。

まだ、日が浅いと再服薬すれば元に戻る可能性が高いです。

私がこう言うのは、彼氏さんが希死念慮に襲われているからです。

私の離脱症状の中で一番危険で厄介だったのが希死念慮でした(ノД`)

私も去年の夏、酷い希死念慮に襲われ、泣く泣く再服薬しました。

一旦、落ち着いてから、減薬を仕切直した方がいいように思います。

彼氏さん辛そうですね。

彼氏さんが襲われている症状全て、私も経験しました。

本当に生き延びるのがやっと…状態だったのです。去年の夏…私も…

そんなに強い離脱症状を出すのは、本当に危険です。

ゆっくりゆっくり減薬量も、もっともっと細かくして減薬すれば、ほとんど苦しまずに離脱出来ます。

医師が非協力なのであれば、病院を変えるか、医師に減薬は伝えない方がいいかもしれません。

私は断薬まで、病院を4度変わりましたが、最後まで協力的な医師、離脱症状を理解してくれる医師には出会えませんでした。

この夏、私のお仲間さん4人が断薬されました。

私を含め5人です。

そのうち3人…私を含めると4人が医師の協力を得ずに自分の力で離脱出来ました。

医療機関には薬をもらいに行くだけ。

減薬は自分で行う。

離脱症状の出方、程度は人それぞれです。

理解のある医師でも、減薬指導は難しいのです。



では、この4人がどうやって減薬を行っていたか?

チビチビ減薬出来れば、方法は何でも構いません。

レキソタンは、水に溶けますか?溶けるなら水溶液減薬をオススメします。

名前の通り、薬を水に溶かしシリンジで薬を抜き残りを飲み干すというやり方です。

離脱症状を確認しながら、自分で自由自在に濃度を調整するので、強い離脱症状が出れば、あと戻りしたり、もっと微量ずつ減薬したり、医療機関よりも柔軟にそしてすぐに自分の手で薬を作る事ができます。

私も、そしてお仲間さんも水溶液減薬で助けられました。

私は、離脱出来ないと途方に暮れていた時、この方法に出会いました。


私の水溶液減薬(減薬カテゴリーの中にあります)
http://kobuchoro.blog.fc2.com/blog-entry-106.html



それから、水溶液減薬については、私のブログにリンクされているワイパックスさんのブログが一番分かりやすいです。

一応貼り付けておきますね。

http://furuhata7.blog68.fc2.com/

減薬の全てがこのブログには詰まっています…



とりあえず、ざっと伝えたのですが、彼氏さんにありささんという理解者がそばについておられて、本当に良かったと思います。

私の家族は、特に主人が無理解で私が目の前で苦しんでおろうが、何も調べてはくれませんでした(ノД`)

必ず彼氏さんは離脱出来ますので、今は焦らずにいって下さい。

いつでも気軽にコメント下さいね^ ^

コメントありがとうございました。

非公開コメント様

非公開コメントさん、初めまして。kobuchoroです。
非公開コメントなので、どこまでコメント欄に書いていいか分からないので、今から私が書く文章で、不適切な部分があれば、削除しますので言って下さいね。
ブログを読んで下さり、ありがとうございます。
勉強もせざるを得なかったんですよね…
医師は役に立たず、家族は理解してくれず、もう自分しか頼れずで(^^;)苦笑

ずっと治療をされてきたんですね。
私も、飲み始めたきっかけが正に産後鬱です。
産後の不調、新生児のお世話とても大変だったと思います。
私ももう過去の話になってしまいました…
産後鬱になって初めて、鬱ってこんなに大変なんだと思いました。

私も病気を治すために、必死に薬を飲んできました。
医療機関、医師を信じ、当時の私は、信じて疑いませんでした(ノД`)
だって、病院は、医師は病気を治してくれる所、人だと思っていたので…

お医者さんが出してくれている薬だから…
家族にも、ずっとそう言われてきました。
ただ、何かがオカシイ…

4〜5種類ほどを飲まされ、どんどん増えていく薬…
私が私でなくなっていく感覚…
僅かに残る理性で、働かない脳で必死に薬を調べて、薬害に辿り着きました。
服薬中のお薬…拝見させていただきました。

私は医師からパキシルは薦められたのですが、実際は飲んでいません。
薬をやめたいと言ってる人間にパキシルを薦める…
頭オカシイのか!?と思いました。

私が飲んだ事がある抗うつ剤は、同じくSSRIのジェイゾロフト、そしてNassaと呼ばれるタイプのリフレックス(レメロン)です。

入院されていたのですね。
本当に大変でしたね…今は少し落ち着かれているようで良かったです。
私も閉鎖病棟、普通病棟どちらにも入院経験ありです。
どちらも、無理な減薬が原因でした(ノД`)

やはり、減薬は、ゆっくりとチビチビ減薬が一番離脱しやすいのかもしれませんね。

早速、減薬に関してですが、私はアシュトンマニュアルに従い、ベンゾのワイパックスから離脱を試み、抗うつ剤のリフレックスを最後に回し、断薬完了しました。

しかし、私はこの2剤でバランスが取れていた為、ある時点から片方ばかり減らすとバランスが保てなくなってきたのです。
それでも、私はアシュトンマニュアルに従いましたが、今思うと、片方の減薬にこだわらず、万遍なく順番に減らしても良かったかなぁと思います。

睡眠導入剤を後回しにされる方も多いです。
私が飲んでいたリフレックスは強烈な睡眠作用があります。
後半、もう耐性が出来てしまい全く効きませんでしたが(ノД`)

睡眠が取れないと離脱症状がかなり悪化していたので、私はリフレックス(抗うつ剤)を後回しにしました。
去年の夏の断薬失敗もリフレックスの減薬にあったので、とりあえず後回しでベンゾから!苦笑。

私が非公開さんの立場ならどうするだろう…

私の中で、パキシルはとても厄介な薬という認識があるので、私だったらパキシルを先に減らして様子を見るかもしれません。

しかし、パキシルは…

pipiさんのブログを読んでいらっしゃるのであれば、ご存知だとは思いますが、パキシルは特殊な性質があり、パキシルを減らすと他の薬剤の血中濃度も下げるという特質があります。
他の薬も減薬している事と同じ事になるのですよね…

なので、様子を見て、やはりパキシルがキツければ、ベンゾから減らしていきます。
で、たまに、パキシルも減らす…
ベンゾメインの減薬で時々パキシルを減薬!
私ならそういったように、万遍なくやっていくかもしれません。

この夏、断薬された私のお仲間さんも私もそうでしたが、ベンゾよりも抗うつ剤の離脱の方が離脱はしにくかったです。
その方とも言っていたのが、やはりアシュトンマニュアルもあくまでマニュアルであり、そこは臨機応変に行くべきだったよね…と話していました。彼女も私も断薬済みで過去には戻れませんが、絶対に抗うつ剤から先に減薬しないといけないという事はないと思います。

自分が思うように楽なように減薬するのが一番です。

もう一気断薬は絶対にせず、ゆっくりゆっくり減薬していって下さい(ノД`)

私はずっと水溶液減薬を薦めているのですが、パキシルは水には溶けないのですよね…

pipiさんが細かく削っておられます。

要は、細かく減薬出来れば方法は、何でも大丈夫です。

私も多剤でした…

でも、今はお薬0。

仕事も育児も家事も、問題なく元気に過ごしています。
絶対に大丈夫ですからね。

いつでも気軽にコメント下さいね^ ^ありがとうございました😊

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開コメント様

非公開コメント様
おはようございます。
文章はとてもしっかりしていました!
大丈夫ですよ^ ^
本当に私も先輩方に助けられ離脱出来たので、今度は自分が返す番だと思い、ブログを続けています。
なので、お気になさらず、いつでも声をかけて下さいね^ ^

万遍なく減らすと言っても、例えばパキシルを減らしている最中は、ベンゾの減薬はストップです。もちろん、ベンゾの減薬をしている時には、パキシルの減薬はストップです。

1剤ずつの減薬でないと、離脱症状が出た時に、どの薬を戻せばいいか…
また、どの薬が原因での離脱症状か特定出来ないので、必ず1剤ずつです。
離脱症状が遅れてやってくる場合もあるので、ステイ期間も取りながら…

私は、ブログを運営してきて、また他ブログでのたくさんの方々との交流経験から、パキシルはとても厄介な薬だと感じています。

勘違いさせてしまっていたらごめんなさいε-(´∀`; )

なので、私ならパキシルから、減薬開始します。
なので、ベンゾ2剤はいじらない…
この2剤は減薬ストップして、パキシルの減薬に専念。
ある程度パキシル減薬が進めば、今度はパキシル減薬をストップ。
ステイ期間を取り、離脱症状が酷くならないかを確認出来たら、ベンゾのどちらか1剤を減薬開始…と言う風に順番に万遍なく減薬していきます。

セオリーとして、ベンゾから離脱を試みる。

半減期の短いもの、力価の高いものから離脱を試みるというのがありますが、参考にはしますが、私なら辞めたい薬から減らしていきたいですね。

睡眠は確保したいので、睡眠導入剤は減薬を後回しにしたいですε-(´∀`; )苦笑

減薬に正解は、中々なく、自分の体感だけを頼りにやらないといけない所があります。

なぜ患者である私達が!?!?
怒りでいっぱいですが、過去はもうかえられない…
なので、前だけを見てやってきました。

私は比較的短期服薬者になりますが、ほとんどの方が10年以上選手です。
特に私のお仲間さんは…

でも、順調に減薬されていらっしゃる方もいますし、もう既に断薬された方もいる。

決して未来は、暗闇ではなく、私はあまり服薬年数を気にしていません…

短期服薬者よりも離脱に時間はかかるかもしれない…
でも、必ず離脱出来ると確信しているからです。
本当に本当に不安でいっぱいだと思います(ノД`)
私も全く同じでした。
目の前に希望なんてものはなく、ずっと希死念慮とも闘ってきました。
数ある不快な症状全ては、産後鬱のせいなんかじゃない!
薬のせいだと言い聞かせて…

ずっと答えが出ていませんでしたが、薬を辞めた今、不快な症状は全て消えました。

私の場合、やはり薬が原因でした。

私も断薬まで不安と悩みがいっぱいで、断薬までの道のりを歩いてきました…

大丈夫です…みんなそうですから。

非公開の理由も了解しました。

口外もしません^ ^

よく分かります。

私も色々な方に相談し、アドバイスをたくさんしていただきました。

特にワイパックスさんとpipiさんには、本当に何度助けられた事か…

私のブログにリンクされていらっしゃるブロガーさんは、全て私の恩人です^ ^

色々アドバイスや知識を仕入れて自分の体の声を一番にして、減薬して下さい^ ^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開コメント様

非公開コメントさん
おはようございます(((o(*゚▽゚*)o)))♡
パキシルの半減期は14時間ほどでしたよね。
複数回に分けてみるだけでも離脱症状が発現するというのは、よく聞くお話です。
パキシルは特に・・・
少し離脱症状が出てきてしまいますが、その後、また安定する事が多いです。
ぴぴさんも変更されておられた時に、苦労されていらっしゃいました。
ぴぴさんも一番苦労されているのが、パキシルです。
経験者の声が一番ですので、パキシルを1日2回に分けてみる・・・というのは試す価値があるかもしれませんね。

その薬を飲んでいる経験者の声は凄く参考になります。

10ミリからの減薬がキツイとおっしゃる方多いですね。
私はパキシルではありませんでしたが、やはり減薬量が減ってくると、少量でも離脱症状が出やすくなります。
そんなときは、もっとペースを落としたり、さらに細かく刻んだり、離脱症状の程度を見て、QOLができる限り下がらないように、臨機応変に対応していました。
私の場合は、離脱症状なしに減薬はできなかったので、その症状が耐えられる範囲内になるよう量を調整していました。
ステイ期間もそのつど変えていました。

非公開さんも苦しいようなら、もっともっと刻んでくださいね。
特にパキシルは離脱症状が出やすい薬ですから。
もしかしたら、ぴぴさんのようにキッチリ計られた方が安全かもしれません。
微々たる量でも、離脱症状は変わってきますから。
私もそうでしたが、多剤だと何度も心が折れそうになります。
私も何度折れたことか・・・・苦笑。
閉鎖病棟に入院したときはこれで私の人生は終わった・・・と思いました。
しかし、人生はそう簡単には終わらない。
大丈夫!!!
1歩ずつ前に進んでいくとそれが自信となり、道が開けていくものです。
断薬を目標にしてしまうと気が遠くなるので、目先の減薬を目標にして、薬が少しでも減ったらそこからまたスタート地点!
少しでも減ったら、常用量リスクから自分が遠ざかった、それだけ脳は回復したという事!
地道な作業ですが、周りに文句も聞いてもらいながら(私もいつでも聞きます♪)1歩1歩行きましょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開コメント様

非公開コメント様
おはようございます(*´꒳`*)
合間にお返事しているので、私は全然大丈夫ですよ🎵

2回に分ける…とりあえず落ち着いて移行出来て良かったですね^ ^
私もまさに地獄の離脱症状を経験したので、少しでも嫌な感覚、症状が襲ってくると全身凍りついていました。
恐怖以外のなにものでもなく…
減薬中も…
また、ああなるんじゃないか?
もう、入院は…あんな思いはこりごりだ…

もう、トラウマになっています。
今でも…
断薬後、離脱症状がなくなっていたにもかかわらず、私はカフェインを取ってしまい、離脱症状が再来した事がありました。
結構、強い離脱症状で1週間ほどで落ち着いたのですが、あまりの恐怖で大泣きしてしまいました(^^;)
誰でもこんな経験すると、ビビりますし何より減薬も怖いです。

だから、私は怖くない量を減薬していました。

他の人からしたら、そんな量!?!?
と思われるかもしれない…
でも、それでいいんです。細かく刻めば刻むほど、離脱症状が出てもすぐに回復します。
減薬は、焦って無理をすると本当に苦労します。
スケールお持ちなのですね!
本当に手間で嫌になりますが、それが一番非公開さんの身体にとってはいいかもしれません^ ^
いつから、減薬すればいいか?どれくらいの量を減薬すべきか?
手探りですよね。
今は移行された所なので、少し様子を見て、減薬開始ですかね。本当に少しずつ少しずつ…
減らすにしても、朝から?夕方から?
そこも迷ったりしますよね。
何が正解なのか、本当に分からなくて…


離脱症状が出にくい方、やはりおられます。
私のお仲間さんでもいますし、私の父親は10年以上デパスが手放せませんでしたが、私の事もあり、辞めようと思ったらしく、かなり大雑把な減薬をしたようです。でも離脱出来ました。
デパスは離脱しにくいと言われているのに…
不快な症状はあったそうですが、私みたいな事は全くなかったそうです。
体質なんでしょうね…
ブログで色々な方と関わってきて思ったのが、女性であるとか、痩せている方って特に離脱症状が酷い傾向にあります。
女性は生理などでホルモンバランスも崩れたりとそういったものも、関係してくるので本当に厄介です…

過去記事読んで下さっているのですね。
私ね、過去記事…特に去年の夏頃のは怖くて読めないのです(笑)
ここに来られる方、皆さんに言われます。
離脱症状が酷い頃の記事が怖いと…
あの頃私もいっぱいいっぱいで…

なので、減薬中に読むと不安を煽るかもしれないのですが、そんなどん底からも這い上がった私がいるので、そこは安心して下さい。
絶対に大丈夫ですから。

本当にあの頃は、色々な方に助けていただいて、多い時は、コメント欄が100超えていました。
本当に感謝でしかありませんでした。


勉強といいますか、なんだろう…
もっと知りたくて、知らなければいけない気がして、色々調べましたね。
でも、本当に怖い事しか出て来なかった…
薬は必要な方もいると聞きますが、向精神薬に限っては、私はちょっと考えさせられますね。

私は、産後2週間でおかしくなりました。
典型的な産後鬱だったと思います。
産後鬱になるまで、私生活で色々ありすぎて、それが産後に心労が爆発して、そこに新生児のお世話が加わって鬱になったのだと思っています。私の場合…

緊張感、焦燥感がひどく、希死念慮もあった。
夜は眠れない…食べれない…

私が心療内科の門を叩いたのは、産後1ヶ月ちょいです。非公開さんとだいたい同じですね。

私はあの時、薬を飲む事は必然だった気がします。もう自分ではどうにもならなかった。
薬を飲むしかなかった…

でも、どういう薬であるか調べるべきでした…

飲んでも短期にしていたら、処方制限が海外のように日本にもあったなら…
医師が説明してくれていたら…
こんなに苦しむ事はなかったのに…と何度も思いました。

産後鬱からの精神薬はとても多いんです。
今は産後鬱を救おうと、自治体が産後のお母さんをケアする…そこまではいいのですが、精神科に繋げられるんですよね。
待っているのは、投薬治療です…
私も動いているのですが、中々追いつかない状態です(´-ω-`)

減薬中に一番困ったのが、離脱症状と産後鬱の症状ほとんど一緒だったんです(^^;)
だから、当初、医師に鬱の再燃と言われて、その言葉を信じて疑わなかったのです。
まだ治っていなかったのか…
ならば、薬を飲まないと…と一生懸命飲んでいました(本当にバカ…(´-ω-`))


ずっと不安でした。
私は薬をやめても、その後、産後鬱と闘わなければならないと…元症状との闘いだと…

でも、幸い、離脱後、産後鬱の症状はなくなりました。綺麗サッパリ…



もう一度ああなって、産後鬱と闘える自信がもうないので、子供には可哀想すぎるのですが、兄弟は作ってあげれません。

私は産後1ヶ月でどうすべきだったんだろう…
薬で殺されかけたけど、産後鬱にも殺されかけた…
私は何をすべきだったのか…未だにまだ答えが出ていません。

産後鬱のブログの予定でしたが、専ら精神薬ブログになってしまって…
またいつか書いていけたらいいなと思っています。産後鬱について…

離脱症状って本当に何でもありで、これは離脱症状なのか?そうでないのか?正直分かりませんでした。それを判断する為にも薬は辞めたいって思いますよね。

周りの理解を得ることは本当に難しい…
多分、経験者でなければ、この辛さは分かりません。
こんな死ぬんじゃないか?と思うほどの離脱症状…想像は出来ませんからね。

経験者は手に取るように分かって下さるので、私はブログが心の拠り所でした。

そんなブログに出会えて良かったとおしゃって下さる非公開さん…

断薬後もブログを続けて本当に良かったと思えます。ありがとうございます😊

ブログの更新は滞りがちですが、一応コメント欄は見ているので、気軽に遊びにいらして下さい。

愚痴も泣き言も全部吐き出して下さい^ ^

いつもコメントが長くなってしまって申し訳ないです。
適当にスルーして下さいね(^^;)



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開さんへ

非公開さんこんにちは😃
やはり、分けて服薬するだけでも、離脱症状出ますよね…最初のうちは…
段々落ち着いていくと思いますが…
生活に問題なくて良かったです(ノД`)

私は身長152cm体重が今で41kgです。一時離脱症状で37kg〜39kgまで痩せ、薬で49kgまで太ったりと体重変動激しかったです((((;゚Д゚)))))))
今は断薬し、元体重である41kgあたりで落ち着きました。
薬は副作用が出やすく、離脱症状も酷く出やすいタイプです(ノД`)勘弁して…

非公開さん、お辛い過去のお話を私に話して下さってありがとうございます(ノД`)

去年の今頃、私も閉鎖病棟に入院していました。同じですね。
私も去年に比べれば、今の状態が奇跡のようです。普通の生活…これがどんなに幸せな事か、産後鬱そして向精神薬を飲むようになってから知りました(´-ω-`)

産後鬱は、2人目でも3人目でもなる病…
でも、圧倒的に多いのが、初産の方です。
その方たちは、みんな兄弟作りが大きな課題となっています。
私もよく相談されます。
そして、それでも産む方多くいらっしゃいます。
2人目大丈夫だった方…
大丈夫じゃなかった方…
二手に分かれます。
今は核家族化が進み、育児のサポートが受けられない…母親に全ての負担が覆いかぶさる…
産後鬱が増えているのも分かる気がします。
私は娘を産むまで、約3ヶ月切迫早産で寝たきり入院でした。次回も妊娠すればなると言われています。それプラス重度の産後鬱…
とてもとても、私はもう妊娠する気にはなれません(ノД`)
娘が可愛いと思えば思うほど、兄弟…と何度も考えますが、私の答えはいつも同じ。
私には無理だと…

産後鬱を経験してもなお、また妊娠される方本当に凄いと思っています。相当な覚悟がいりますから…


お子さんの赤ちゃんの頃の記憶がない…
こうおっしゃる方、産後鬱の方には本当に多いですね。実は私もあまりないのです。
向精神薬のせいなのか、産後鬱のせいなのか分からないのですが、記憶がうっすらなんです。
こんなに悲しい事、屈辱的な事ありませんよね。母親の一番の醍醐味を産後鬱は根こそぎ奪っていきます。それくらい恐ろしい病です。
産後女性の死亡原因第1位であるにもかかわらず、あまり知られていない病…
これも理解が中々得られず、周囲がお母さん達を追いつめているパターンも多く見受けられます。ご主人さんや、お姑さん、実の母親など…

【赤ちゃんや小さい子を見ると、もう一度赤ちゃんの頃の息子を育てたい…】

私も全く同じ事を思います。
そして、もう一度赤ちゃんを抱きたい…
自分の手で子育てしてみたい…
そんな衝動に駆られます。
でも、私にとっては叶わぬ夢…

お子さん大きくなりましたね。
今してやれることを精一杯やる…
優しいお母さんです。
私も同じことを思っています。ずっと周りのお母さんと比べていました。
普通のお母さんなら、難なくクリア出来るような事が、私には命がけでしたから(苦笑)
保育園行事は苦痛以外のなにものでもありませんでした(´-ω-`)

そう。私も薬を飲まなければ命はなかったと思っています。
【でも、よくなってきたら、徐々に薬を減らして止めていこう。
とは、主治医は言ってはくれませんでした。】

そうなんです。これが問題なのですよね。
私の主治医、最後の主治医も私に飲み続けろと言いました。
じゃあ、いつまで飲めと???
子供の手が離れるまで飲めと言われました。


鬱は心の風邪…
このキャンペーンのせいで、心療内科が爆発的に増え、患者が急増。
薬も爆発的に売れました。
この辺りは、私も過去記事でかなり深く掘り下げました。

私が思うに精神科医って薬処方ありきの治療方法しか知らず、離脱症状とか、減薬の方法すら知らない医師が多い気がします。
私は、閉鎖病棟に入院してから、断薬まで通院していた病院は、大きなガッツリ精神病院。
そこの医師ですら、薬の減薬方法、減薬指導が出来なかったです((((;゚Д゚)))))))
挙げ句の果てには、私に「減薬を言ってくる患者なんていない…あなたぐらいだ」と言いました。
処方しておいて、そんなのあり得る?
薬を処方するだけ…しかも適当。
私でも出来るわo(`ω´ )oと思いました。

10年以上経って気付く…
決して稀なケースではありませんよ!
だって疑わないですもの…普通は…

非公開さんも最初は産後鬱だったと思います。私も同じ。
でも、途中からの不調は正直、産後鬱によるものではなく、向精神薬が原因の可能性も大きいですよね(´-ω-`)

子供がもう大きいのに、中々産後鬱がよくならない…そんなお母さん達のお話を聞くと、大概高い確率で向精神薬が入ってる…

逆に向精神薬が入ってないお母さん達は、子供が3歳ぐらいまでには落ち着いてる…

皮肉にも…

私、産後鬱のダメージが大きいんです。
とても大きな大きな心の傷を負ってしまいました。

その傷が、非公開さんとお話する事で、凄く癒えます。ありがとうございます…

分かってもらえる…
それだけで人は、こんなにも救われるのですね。
コメント下さり、本当に感謝しています。


とりあえず、今は目先の減薬ですよね。
服薬回数を変更した所なので、しばらくは、不快な症状が落ち着くまでステイですかね。
パキシルが減っていけば、これだけでもかなり楽になると思います。
自信にもなっていきます。
キツイ時は、無理せず細かく細かく削って下さい。
上手くいく事、いつも願っています(ノД`)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開さんへ

こんにちは(((o(*゚▽゚*)o)))♡

さらに遡って読んで下さっているのですね。
前半は、ほぼ愚痴&泣き言ばかりなので申し訳ないです(^^;)

非公開さんの入院生活も大変でしたね…
私も入院当初は、全く食べれずで点滴でしたが、再服薬で割と早く回復し、食べれるようになり、逃げるように退院しました…
1ヵ月くらいで退院したのかな…
病院側は、もっと入院させたかったみたいですが(ノД`)
私の病院は、男性看護師が8割でほぼ女性がいなかったのでね…
お風呂の監視は、さすがに女性でしたが、服も下着も取り上げられ、それを持ってくるのは男性看護師…
屈辱的でしたね…

あの漠然とした恐怖感は何でしょうね…
私は外もお風呂も怖かったです…本当に意味が分からない…
エアコンの音や、虫の鳴き声も怖く、気が狂いそうでした。
視覚聴覚ともに過敏になり、テレビも見れない…
脳が働かないので、本を読むにも時間がかかる…
とにかく、毎日毎日、1日がとてつもなく長く、必死に生きていました。

私に出来る事は、息をする事だけだな…なんて思っていました。
その呼吸すらも、中々上手く出来なかったんですけどね(^^;)

1分1秒が辛い。。

本当によく分かります!!!
非公開さんは、私よりも、体のスペックが小さいので、副作用、離脱症状ともに強いかもしれません。

私は食欲には、ドグマチールが劇的に効きますが、乳汁は出るし、生理は止まるし、離脱症状もキツく辞めるのにこれまた苦労しました。

医師には胃薬ですよ〜安全ですよ〜と安易に薦められましたが(ノД`)

ここまで強い離脱症状を出してしまい、薬を飲むという選択肢しかない場合は、以前飲んでいた薬がまだ一番マシですよね。

新しい薬を処方される度、離脱症状と副作用に苦しみました。
コロッと処方も変えられたりしてましたから…医師に言われるがまま…(ノД`)

私も摂食障害になるんじゃないかと思いました。
食べても食べても吐いてしまって…

非公開さんも色々飲まされたのですね。
私は退院後落ち着いたのですが、非公開さんの場合は退院後の方が寧ろ大変だったかもしれませんね。落ち着かれたのは、本当にごくごく最近ですよね。

私も自律神経が無茶苦茶でした。
お風呂に浸かっても、芯が温まらない。冷え切っていて、手足なんて氷のように冷たかったです。
ちょっとした天候の変化にすら体は過剰に反応していました。


胃潰瘍…相当なストレスだったのでしょうね。

それから、お子さんの事…
自分を責めてしまいますね。

私もここ数年色々ありました。
その渦中にいる時は、何でこうも問題が次から次へと…と嘆いていたのですが…

全ての出来事に意味があると私は思っています。

人生に起こる全ての出来事は、その人にとって絶妙なタイミングで最高な形で起こりうるものだと私は思っています。

自分の子供の事もそう…
私がこんな風になって、娘は母親想いのとても優しい子になりました。

ずっと自分を責めていたんですけどね(^^;)

母親が病気(実際は病気ではなく、離脱症状なんだけど)だととても母親をいたわり、優しい子に育ちます。
私の娘は、私がちょっとしんどそうにしていると、「ちょっとここに寝転んで!」と私を寝かせ、「電気消そうか?」体温計やら色々持ってきて「頭痛い?気分悪い?」と声をかけてくれます。主人は私の変化に全く気づかないのに…

私がこんな風にならなければ、娘はこんな風に育たなかったかもしれない。

非公開さんは確かに公立に行かせたかったかもしれない…私でも同じ事を思います。

でも、もしかしたら公立ではお子さんは、楽しく毎日を過ごせなかったかもしれません…



受験生のサポート…
自分の受験生時代を振り返ると…
やはり、本人の力が一番大きいです。
どんなにサポートしてもらっても、本人がやらないと何も始まらない。
両親がどんなにサポートしてくれても、私は国家資格尽く落ちました(^^;)
諦めずに今がありますが、
そんなもので…子供には子供の人生があり、数々の岐路に立たされた時、自分の意志で選択し人生を歩んでいきます。

病気持ちのお母さん、母親がいない子供もたくさんこの世の中にはいますから。

非公開さんのお気持ちは、痛いほどよく分かります。
その想いはきっとお子さんに伝わっていると思います。
生きていてくれるだけでいい…
本当に生きていてくれてありがとう…
そんな風に私は思います。

産後鬱は母親の命までも奪ってしまう病ですから…
でも、私達は途中から、精神薬に命を奪われそうになりましたけど(ノД`)

非公開さんは素敵なお母さんです。
愛情深い…心配なさらないで大丈夫です。

少しでも肩の荷をおろしていただければなと思います。この場所で…

いつでも、何でも、世間話でも…^ ^
大歓迎です!
色々お話しましょう♪
いつでもお待ちしています(*´꒳`*)



非公開さんへ

続きです!
コメント2回に分かれています。。。
ごめんなさい(^^;)
まあまあ住まいは神戸あたりです・・・と言っても神戸まで車で1時間ちょっとかかりますが(苦笑)
昼間は暑くても、朝晩は寒く、体調がおかしくなりそうです。
牛乳の記事まで読んでくださったのですね。
ありがとうございます。
本当に衝撃的ですよね。乳製品に関してはスポーンサーも多く、まずTVなどでは危険性は発信されませんが、図書館に行くと結構これ関連の書籍があったりします。。。
魚、エビ、大豆、葉物にも多くカルシウムは含まれています。
ひじきとかも・・・
あまり神経質にはならなくてもいいと思います。
私もたまにはチーズや、ヨーグルト、乳製品もいただいたりしますから(笑)
ヨーグルトも美容や便秘にいいといいますが、日本人の腸には合っていないので、便秘解消と言うより、軽い下痢が起こっている状態のようです。。。
とは言え、情報がありすぎてどれが真実なのか私も時々分からなくなっているので、情報の取捨選択は難しいですね。


では、質問に順番に答えていこうと思います。

私は、ワイパックスを朝昼晩と3回飲んでいて、最終的に1日1回にしましたが、半減期が12時間だったからかあまり重篤な離脱症状なしに移行はできました。
煩わしい離脱症状はあったのですけどね・・・
どちらから減らせばいいかは本当に人体実験ですけど、朝から微量減らして、ステイ。
朝が量が減ってきたら、バランスをとるために今度は朝はステイ。
夕方微量減らす・・・というように私ならするかもしれません。

ピルカッターは私の場合、必要なかったのですよね。
水溶液減薬だから薬は水に溶かしてしまう。
溶かした水をシリンジで抜いて減薬するので、私が使っていたのは、まな板、包丁、ピルケース、計量カップ、シリンジのみでした。

最初は丸々1錠を溶かしていました。
量が減ったときに半分に切っていたので包丁で大丈夫だったんです。

細かく薬を削る場合は、包丁のほか、ピルカッター必要だと思います。

ジアゼパム等価換算は、たとえば今飲んでいる薬を別のお薬に変更する場合に、薬の強さが違うので必要となってくるのですが、非公開さんの場合は、今飲んでいるお薬を減薬していくので、今のところ必要ないかなと思います。

ワイパックスさんの記事に少し前このような分かりやすい記事があったのでご紹介しますね。

以下、引用です。



以下は、吉田病院のジアゼパム等価換算表です。
http://www.yoshida-hospital.org/fuan/doc/q.html

このような表は通常「ジアゼパム」を基準にして、
「ジアゼパム ○○mg と同じ強さ・効力であるための量」を表にしています。

「数字が小さいほど強い薬」ということです。

デパスとレキソタンを例に見てみると

ジアゼパム5mgと等価な量は
デパス 1.5mg
レキソタン 2.5mg
となっています。

これの意味する所は、ジアゼパム5mg と同じ強さ・効果であるためには、
デパスは わずか1.5mgで良いが、レキソタンは 2.5mg必要ということです。
デパスの方が 力価が高い(強い薬)ということになります。

仮に、デパス 1mgを レキソタン1mgに変更した場合は
デパス 1mgは、ジアゼパムに換算すると 5×(1/1.5)=3.33mg
レキソタン1mg は ジアゼパム換算で 5×(1/2.5) = 2mg

ジアゼパム換算で 3.33mg → 2mg に減薬したことになって、離脱症状が起こる可能性があります。


引用おわり。。


このように薬の変更があった場合は、必要になってきます。

私はワイパックスを後半、水溶液減薬で0.025㎎ずつ減らしていました。
抗うつ剤のリフレックスに関しては、0.1875mgずつの減薬。

非公開さんの減薬量1.25㎎もたったではないです!
私にとっては(苦笑)
かなり量が多いです。
きつければどんどん細かく刻む。
減薬量をもっと小さくする
減薬はとてもシンプルです^ ^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開さんへ

非公開さんへ
こんにちは。
息子さんのお弁当作られているんですね♪
優しいお母さん・・・

何もなければ普通は医師を信じますよね。
それが普通だと思います。
私は、向精神薬も普通のお薬と同じように考えていました。
頭痛などのお薬と同じように、症状がよくなったら飲まなくていい・・・
そんな認識でしたよ。

死の淵まで行って、中々人生に起こること全てに意味があると思えないような時もあったんですが(苦笑)

今はこれで良かったと思えます。
色々考えて生きるようになりました(笑)
今あるちょっとした日常・・・
全てが愛しく幸せなんだと実感します。
それだけでも大きな収穫ですよね♪

私もこれぐらいどうってことないじゃん!と思えるようになりました。
でも、離脱症状だけは今でも怖く、そう思えないんですけどね。
私も凄く怖がりで心配性。
完璧にこなせないB型なのに、完璧を求める・・・
全てに対して(^^;)

特に育児は完璧などあり得ないのにね…
鬱になりやすい性格かもしれません…
今までなった事はなかったですけど(^^;)

非公開さんと似ているかもしれませんね。
非公開さんが年齢を公開してくださったので私も・・・笑


私は、非公開さんの10コ下になります。
私の10年後、娘も非公開さんのお子さんと同じくらいの年齢になりますね。

私のブログは圧倒的に男性の訪問者が多いんですが、年齢もバラバラで、私は性別も年齢も気にしないので、こんな私でよかったら、これからも宜しくお願いしますね(●´ω`●)

本当にブログで素敵なご縁をたくさんいただいて、本当にブログをやって良かったと思います^ ^

ありがとうございますね♪














管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

8:22の鍵コメ様


非公開さんへ
こんにちは(*´Д`*)

冷え取りや食事。
体の事をとても大切に考えるようになりました。
特に食事は、私の場合、かなり神経質かもしれません(^^;)
全てを排除する事はとても難しいので、出来る限りという感じです。
娘は園で食事しますし、主人は社員食堂…
私が関われるのは、朝食と夕食だけです(^^;)


ストイックさが違いますか?笑
自分を追い詰めて追い詰めて…そんなタイプです(そりゃ鬱にもなるわ(^^;)苦笑)


薬がいろいろ変わったり、今より多剤だったりした事があったのですね。
私も色々薬飲まされましたが、鬱症状だったのか、薬のせいだったかは正直分かりません…
でも、あれも離脱症状だったんじゃない?と今思えば思い当たる事がたくさんあります。

自分が無知すぎてバカすぎて、本当に嫌になります(;_;)

とありますが、本当に仕方がない事で決して非公開さんは、バカでもないし、ご自分を責める必要は全くないです!

今もなお、知らずに飲まれている方はたくさんいらっしゃいます。

私でも、たった数年ですが、時間を返してほしい。。そう思います(ノД`)
大切な大切な子育て期を奪われた…
その思いが消えないです。
もう一度赤ちゃん時代の娘に会いたいです(ノД`)
私も、もう前を向いて今を精一杯やるしかないんですが…

パキシルは、水に溶けないので削るしかないですよね。
微量でも、離脱症状が出やすく、包丁などで削って、秤という流れでしょうかね(´-ω-`)
私なら薬局で粉処方にしてもらいそれを秤で…ってするかもです!
最初から粉なら、扱いやすいし電子天秤ではかるだけなので、削る手間は省けますしね。




【パキシルは減らしたその時ではなくて、日にちが経ってから異変があるので、これでも減らした量が多いのか大丈夫なのかわかりません。】

こうおっしゃる方、本当に多いですよね。
だから、減薬も難しい。
私もリフレックスとベンゾのセパゾンが長時間作用型でかなり遅れて離脱症状が出るので、減薬しづらかった…
その点、ワイパックスは、すぐに離脱症状が出るので分かりやすく、回復のペースも掴め減薬しやすかったです!

私も人間の生活ではなかったです。
顔は常に苦痛で歪んでいました…
トイレは這うようにして行ってました。
本当に思い出してもゾッとします(´-ω-`)


ピルケースとメガネ購入されたのですね^ ^
嬉しい(((o(*゚▽゚*)o)))

ブログ訪問者がほとんど男性なのは、産後鬱というタイトルですが、中身が向精神薬の事ばかりだからだと思いますε-(´∀`; )

基本、減薬断薬に関する記事がメインでしたし…
やはり薬に苦しまれているのは、圧倒的に男性が多いですから。
働くお父さん層が多いですね。
仕事の重圧からでしょうか…

非公開さんの毎日ヒヤヒヤな日々。
本当によく分かります!
手探りですしね。
微量ずつ…微量ずついけば、症状も最小限になるとおもいます。
離脱症状がほとんど出ない…
そんな減薬量を見つけられたらいいんですけどそれが中々ですよね。。。

有難うございます。

こんばんは。

薬の廃棄には気を付ける必要がありますからね。
医薬品会社も薬の廃棄には気を遣ってます。
それだけ効き目が強い薬は麻薬と同じですから・・・。

自分も要らなくなった薬が沢山ありますから、
廃棄について考えてみます。
これからも、多くの人の相談・助けになってくださいね。
陰ながら応援してます。
色々と有難うございました<(_ _)>

おっさん様

おはようございます。
廃棄あまり話題に上がりませんが、大切な所ですので、記事にしてみました^ ^
私も昔は、ゴミ箱にポイでしたしね(´-ω-`)
麻薬と大差ないですからね。気をつけないといけません!

おっさん様も、随分お薬減りましたもんね。
あともう一踏ん張りですが、決して無理なさいませんように…
お仕事もありますしね。


私も応援してます。
こちらこそ、いつも温かいコメントありがとうございます😊

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開さんへ

非公開さんこんにちは(*´Д`*)

良いと思われるものを摂る。
いいですね〜♪

朝、最低でも6分以上は日を浴びる。
(これは、日よけの帽子を被っていても効果はあるのでしょうか?)
という質問。

私も紫外線対策していました。
色白で、肌が真っ赤になってしまいますから…

目からも光は入り、セロトニンの分泌に関わります。
また裸足になり、その足に日光を当てるのもいいです。
手のひらは、シミができないので、手のひらに当てるのもいいと思います。(手の甲は、シミやほくろなど、出来やすいので、あくまで手のひらに光をあてる)

無理な食事制限は、ストレスにしかならないので、意識だけでも持っていただければ、変わってくると思います(((o(*゚▽゚*)o)))♡

私は切羽詰まった状態だったので、ストイックにしましたが…苦笑。



パキシルを0.625㎎減らしていらっしゃるのですね。
毎日ですか???!
遅れて離脱症状どーんときませんかね…

適当にステイも挟みながら、無理なく行って下さいね(*´Д`*)

シャンビリや息苦しさが和らいできました。
との事で、本当に良かったです。

薬が減った分が、脳が回復しています。

地道に行きましょうね♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開さんへ

非公開さんへ
こんにちは(*´Д`*)
こちらは、とてもお天気が良くて気持ちがいいです♪

ベランダ気持ちが良さそうですね♪
そうそう!手のひらをかざしてね☆
手の甲はしっかりガード(笑)

私は、仕事中も常にブルーライトカットメガネをかけてます。
何と言っても、パソコントリプル画面なので、かけてないとやってられないです(^^;)

非公開さんも色白さんなのですね(*´Д`*)
色白ってあまりいい事ないですよね。苦笑
シミやそばかすには、注意しなきゃいけないし…(´-ω-`)
周りには、色が白くていいと言われますが、実際は大変な事が多く、私はいいと思った事がありません(^^;)

それにしても似てますね☆

私は、本当に世間知らずで何も知らないんですよ!お恥ずかしい事に…

記事を全て読んで下さったのですか((((;゚Д゚)))))))
あの膨大な量を…!!!!
文章もほとんどが長い記事で…
読みにくかったと思います( ̄▽ ̄;)

本当にありがとうございます(T_T)

そうですね。

私の仕事は、法律・税務を取り扱っています。

損害賠償責任にもなりかねないので、離脱症状がかなり酷かった頃、これ以上働かない脳で、自由のきかない身体で仕事をする事は、いつミスが起きてもおかしくない…

そう思い、泣く泣く休職をお願いしました。

休職期間は、期限ギリギリの1年5ヶ月。

地獄の1年5ヶ月でした(^^;)

今は有難いことに全く問題なく仕事が出来ていますが、当時、私はもう一生この仕事に戻る事は出来ないかもしれない…
と思っていました(^^;)

中学の頃からの夢の職業であっただけに、仕事に対する未練は、かなりあったんです(´-ω-`)
それは、ブログの記事を読んで下さっているのなら、伝わっているかもしれません…

すごい!!??カッコイイ!?!!

全くそんな事はないのですよΣ(゚д゚lll)




非公開さん受診日だったのですね。
本当に多剤多量処方ですね。
決して珍しくない事が本当に恐ろしいですよね。
精神医療の世界は、異常です。

お薬手帳は、大切ですね…

私も途中、抜けていたりしますよ。

これからは、きっちり残されて下さい。

と言っても、減薬するので、私の場合、医師に伝えていなかった事もあり、処方量と服薬量が一致していなかったので、お薬手帳何の参考にもなりませんでしたが(^^;)途中から…

パキシル30だったのが、今は随分減りましたね。
本当に多剤多量処方から、ここまで薬が減った今…
よく頑張られました。


そうですよね…
毎日減薬のわけないですよね。
勘違いごめんなさい…

攻撃性が出ないのは、本当に珍しいですね。
SSRIは出やすく、その中でもパキシルの攻撃性は酷いとよく聞きますが…

私は、SSRIの攻撃性も経験済みですが、SSRIではないタイプの抗うつ剤…
レメロン(リフレックス)でも経験済みです(´-ω-`)

出ないに越したことはないのでね。

薬の副作用、離脱症状ともに十人十色。
色々なタイプがいますね。

ステイ期間中も、どんどん脳は回復します。

大丈夫ですよ^ ^


それから、コメント全く迷惑ではないです(*´꒳`*)
この場所で、色々な方とお話できる事が本当に嬉しいです。

ブログの醍醐味かも〜♪

記事が更新出来ずで、全く変化のないブログになってしまいましたが、それでも良ければいつでも遊びに来て下さい^ ^

私は、非公開さんに元気をもらっていますよ。

いつもありがとうございます(((o(*゚▽゚*)o)))♡



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

鍵コメ様
こんばんは。お久しぶりです(((o(*゚▽゚*)o)))♡
私は、仕事も体調も順調です!
忙しくて、中々ブログが更新出来ずにいますΣ(゚д゚lll)

睡眠時間が最近また3〜4時間になっています…
まあ、普通に動けるししんどくないし、元気は元気なんですけどね…

鍵コメさんも、絶不調の日はほぼ無くなり、安定してきているようで良かったです☆

一年前を思い出すと段違いです。

同じくです!!!それだけ回復を実感出来ているという事ですもんね…

去年の今頃、私はまだ閉鎖病棟でした。
本当に信じられませんよね…
人生何が起きるか分かりませんけど、全ては今に繋がっていて、全て生きていると思えます^ ^

何と!!!お仕事を再開されているのですかΣ(゚д゚lll)

最近、他ブログにもお邪魔出来ないような状況で全く知りませんでした!!!

教えて下さり、ありがとうございます😊

私も近々、訪問して来ます♪

鍵コメ様も、数ヶ月メンテナンスしてもらって、良くなっていくといいですね^ ^

これから、寒くなってきますから、体調にはお気をつけて〜
私は、恐怖の繁忙期がやってきますよ(笑)

そうそう!今週末、東京方面に行きます☆

鍵コメ様とぐっと近くなります( ̄▽ ̄)笑笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ご無沙汰しています

kobuchoroさん
仕事、体調万全でよかったですね。

報道や映画は無理でしょうから、テレビのドキュメンタリーで取り上げて欲しいと思います。kobuchoroさんのような事例。

さて、私ですが、ワイパックス2mgにしてから最悪期を脱しましたが、まだ安定してません。仕事も、ダメな日はダメです。いい日はボーダーラインを超えます!

今日通院日でした。医者に、苦しいので抗うつ剤はどうですか?とワザと聞いたところ、症状を抑えるだけで、回復しないです。ベンゾをやめるしかありませんと、断言されました。(この先生は国立の機関で、精神薬減薬の研究をしています。その方が非常勤で私の通う病院に臨床しているようです)

また、漢方を変えたり、ビタミン剤?のナイアシンを追加してくれました。

一つ、kobuchoroさんの考えを聞かせてください。
上に毎日2mgと書きましたが、調子によって1.75〜2.25mgの範囲で調整していました。
結果的にあまり聞いてないので関係ないようです。また脳の回復にどうかなと思います。(よほど酷い時は別ですが)

減薬を進めるにあたって、症状に合わせて増減するのがいいのか悪いのか?どう思います。

お昼と夕方の鍵コメ様

鍵コメ様

こんばんは(((o(*゚▽゚*)o)))

気にしすぎることが治りを遅くするから

これは、私もよく感じています。
鍵コメさんは、私の断薬失敗時の時をリアルタイムで知っておられますが、あの頃の私って、減薬断薬で頭がいっぱい…
寧ろ、それ以外考えていないくらいΣ(゚д゚lll)


全く前に進まず苦しんでばかりでした。

その後焦りを捨て、気にしないようにしました。
減薬断薬ばかりに囚われず、好きな事をしました。1日中大好きな図書館に入り浸り(苦笑)

仕事があるとこんな事出来ませんが…

HeartLibertyさんが昔、私にこんな言葉をかけて下さった事があります。

《意識は物質化する》

という事は、

《意識しないものは物質化しない》ということ・・・。

症状に囚われず、過ごしていきたいものですね…(^^;)

一週間に一度メールを下さるなんて…
それだけでも、私なら嬉しいです^ ^
励まされますよね。
理解者がいる事で気も楽になりますし!

去年に比べたら、劇的な回復!
どんどん良くなっていくと思います!
仕事が出来ている…
これも凄い事です!

霊的な事って、あまり珍しい話ではないですよね。
皆さん口にしないだけで…(^^;)

私も成長と共に薄れていきました。

娘ね〜
ヤバイです(^^;)

3歳になり、ハッキリ喋るので、逐一報告して来ます…

ああ。そんなにハッキリ見えているのね…

時々、あっちの人とこっちの人と区別出来ていません…

力をコントロール出来るわけでもなく…

先が思いやられますよ…(^^;)


お天気どうなるでしょうね…
4日間、関東へ行きます☆
主人の両親と主人の弟家族と私達家族で…
ディズニーランドとディズニーシー2daysと東京観光諸々…
主人の両親からのプレゼント旅行です(*´꒳`*)

鍵コメさんも、連休が取れそうなのですね。
良かったです^ ^
充実したお休みになりますように♪

たんぽぽ様

たんぽぽ様

こんばんは(*´꒳`*)


ええええΣ(゚д゚lll)ドキュメンタリー!?!?!?

でも、産後鬱から始まり一冊の本に出来そうです(ノД`)苦笑

ワイパックス2mgにしてからも中々安定しないのですね(ノД`)
最悪期を脱しましたが…(これは大切です)

仕事があるので、体調に振り回されますよね…

いい日はボーダーラインを超える!

この日による変化は、本当に意味が分からないですよね…

私も日により、体調の差が激しかったです。
天候にも左右され…

でも、薬が減ってきたら、それも落ち着きました。


症状を抑えるだけで、回復しないです。
ベンゾをやめるしかありません


力強い言葉ですね。
精神薬減薬の研究をされている方なんですね。

どうか減薬の知識を身につけて、今苦しんでいる方々を救ってくれるような医師になって欲しいですね。

漢方を変えたり、ナイアシンを追加してくれたり…
協力的な医師ですね^ ^
非常勤なのが残念…

ご質問の件ですが、減薬=脳の回復の手段とみるならば、症状によっての薬の増減は好ましくありません…
たんぽぽさん自身もよくない事は、分かっておられると思いますが( ̄▽ ̄;)

私は、減薬し、離脱症状が出る→脳の回復を待つ→離脱症状がおさまる(脳の回復完了)→また減薬する→

というサイクルを続けてきました。
薬を減らして、ステイして、脳の回復を待つ。

薬が減って、その量に脳は順応する…
回復する…
そう考えると、私の中で増減はあり得なかったんです(´-ω-`)

もちろん、減薬量に耐えきれない時は、脳が回復していないという事で、一時的に増薬、大幅にした事もありましたよね…
そして、更に微量ずついき脳の回復を促す…

量が減るということは、そこまでの分、脳は回復しているはずなのです。

なので、そこでまた薬を増減すると脳はパニックになり暴走するような気がするのですが…
あくまで私の考えです。

しかし、一方でこれは理想の減薬の形なのかもしれません。

実際には、常用量離脱で、ステイしても回復せず、ある程度症状が残ったまま、前に進んでおられる方もいます。

症状に合わせて、増減されている方もちらほらいらっしゃいますね(特にお仕事がある男性)

QOLを保てるギリギリの範囲内で踏ん張っておられる方が多いです…

でも、やはり前に進もうと思ったら、減らす…
キツければどんどん刻む…
ステイ…なのではないでしょうか?

増減すると脳がどこまで回復しているのか分からない…
複雑になる…
私はそんな気がするのです(´-ω-`)

とは言え、不調の体を抱えての仕事…
かなり辛い…

日に合わせて、増減する…

でも基本は、減薬。

間違いとは言い切れないような気もします。

難しい問題ですよね(´・_・`)

ああ…答えになっていませんね( ̄▽ ̄;)






管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

鍵コメ様
こんにちは😃
あっちの方とこっちの方の区別がつかないって....、面白いですよね。
私も昔はと言うか幼い頃はそうでした(笑)
羨ましいですか…(^^;)
厄介ですよ…

ディズニーランド、ディズニーシー年に2、3回行けるとか裏ましすぎます!
こちらは、USJですね^ ^
年パス持っていました。
一昨年の夏に行かれたのですね!
一昨年の夏と言えば、絶不調の時ですよね…

ふらつきながら、デパスを上限量飲みながら行った…
父親ですね…

正直地獄だと思います。
私も一昨年の夏と考えると、ディズニーなんて地獄以外の何ものでもない気がします。


娘さんの笑顔が何よりのお薬かもしれませんね。
息子さんは、学生生活楽しんでおられますかね^ ^

ありがとうございます😊

夢の国楽しんできますね(*'▽'*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

おはようございます😃
少し心が軽くなれば良かったです(*´꒳`*)


快適な日で何よりです。
お休みという事もあるのでしょうか^ ^
家族との時間は、何よりの癒しですよね。
仕事でのストレスが、減薬中の鍵コメ様を邪魔しているようですね。

減薬は、様々なファクターに左右されますが、頑張りすぎず、無理せずいきましょうね(*´꒳`*)
私は頑張れという言葉は、実は嫌いです…
死ぬほど頑張っている人に、頑張れという言葉は、酷すぎるから(T_T)
残酷すぎる言葉だと思うからです。

私は国家資格受験生の頃、一番言われたくなかった言葉が、頑張れでした(笑)
寝る間も惜しみ、仕事しながら、死ぬほど頑張ってるわ…とよく思っていました。
最低のひねくれ者ですε-(´∀`; )苦笑

鍵コメ様には、つい本音が(笑)

頑張らなくて、いいですから。

鍵コメ様は、家族の為、死ぬほど頑張っていらっしゃるから…

減薬いつも応援していますからね(*´ω`*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

鍵コメ様



こんにちは(*´꒳`*)

今日のディズニーは暑すぎます(苦笑)

半袖で参戦していますε-(´∀`; )

USJ までは、1時間ちょいくらいで行けるので、昼から行ったり気軽に行っていました。

でも、私はやはりディズニーが大好きですね。

サービスの質もやはりディズニーの方が上。


女性群からのリクエストが続いているのですね!笑

そういう場所って、女性好きですよね(((o(*゚▽゚*)o)))♡



息子さんenjoyしてますね〜♪

羨ましいです^ ^

補導されない程度に〜♪笑

No title

こんにちは。♡♡♡
昨日はピョンピョン跳ねました。(笑) 楽しんできました。
黄色のワンピースの子がいて ジーと見つめてしまいました。 

この記事 リンクに貼らせてください。よろしくです。

yueさんへ

お疲れ様ーーー🖤🖤
昨日は、凄く盛り上がったみたいだね♪♪やっぱり地元だからかな?
yueさん跳ねたんだ(笑)
ファンの子たちがあげてる写真の中の横断幕に、私のkobuchoroメッセージと娘のクラゲを発見する度、嬉しくなるよ♪♪
私も確かにあの空間を共有したんだなーって(*´∀`*)
楽しすぎた時間♪♪

記事リンク…
こんなんで良かったら、どうぞどうぞd(^_^o)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。