閉鎖病棟ってどんな所!?




★注意書き★
いつもご訪問いただきありがとうございます(●´ω`●)
この記事は、精神状態が悪い方にとっては、恐怖心を与えてしまったり、気分を害される可能性もある内容となっております。
そして、向精神薬には、依存性があり、急激な減薬は、命にかかわる離脱症状を起こします。
これらの記事を読んで、一気断薬や大幅な減薬を行わないようお願い致します。


更新があきますね…ヽ(;▽;)ノ
すみません…
月末は、かなり忙しく毎日があっという間に過ぎてしまいます…
私は、毎朝4時起きなのですが、1日時間が足りません…ヽ(;▽;)ノ

仕事に関しては、分刻みのスケジュール。

以前の私だったら、忙し過ぎる…

ああ、仕事何とかならないかな…

もう嫌…

自分の時間が欲しい…

などと文句ばっかりだったでしょう…

自分で望んだ職業であっても、忙し過ぎる日常に不満をこぼしていました。

でも、今は本当にこれだけ動けるって素晴らしい…
有り難い…
そう思うのです…

こんな風に思えるのも、これまで辛い…
動けない…
廃人のような生活…
を乗り越えてきたからこそ得られたものであって…

私の人生において、大きな意味のあるものになったのではないかなと思います…

忙し過ぎる。
動きまくっている。

それは、とても幸せな事であると知りました。

私の悩みはとても贅沢な悩みであったのだと今ならそう思えます。



今日は、度々、精神病院の事を聞かれますので、その事についてお話しようと思います。

閉鎖病棟に入院した時の事です。

気分のいいものではありませんので、嫌な方はスルーしていただいて構いません(´・∀・`)


では、始めていきます。



精神科病院の実態は、ベールに包まれています。

普通に生活をしていて、知り得るようなものではなく、私も精神薬に苦しみ、薬について、調べ…
やっと少し分かった程度です…

まさか、私の人生にこんな事が起きようとは、、、


厚生労働省の「精神保健福祉資料調査」によると、2012年6月時点で全国1622の精神科病院に約30万人が入院しています。

総じて入院期間は長く、1年以上が約20万人、10年以上も約6万7000人います。

入院形態は、3つあります。

●任意入院

患者の意志に基づく

●措置入院

自傷他害の恐れがある場合に指定医2名以上の診察などを経て行われる

●医療保護入院

患者本人の同意がなくとも指定医の診察と保護者の同意を経て行われる


ちなみに私が離脱症状にやられ、2016年夏の終わりに倒れ、内科で受入拒否され、精神病院に運ばれた時は、「医療保護入院」となりました。

そして、そのまま、閉鎖病棟の個室へ。

ベッドには、何もない…

シーツは危ないからという事で、取り付けされていない。

窓には鉄格子。
もちろん開かない。

時計もない。

監視カメラが設置してあり、24時間監視。

着替え1枚すら持たせてもらえず、着替える時は、看護師を呼ぶ。

もちろん、そこで着替えるのだから、監視カメラにバッチリ映っている。

7割〜8割以上が、男性看護師であり、下着なども男性看護師に言わないと持ってきてもらえません…

最悪ですよね。

若い男性看護師ですよ…

屈辱的でした。

人間の扱いがその場所には、ありませんでした。

両親も主人も…まさか私がこんな部屋に閉じ込められるとは思っていなかったのでしょう。

閉鎖病棟の個室がどんなものなのか、全く知らないまま、知らされないまま、私を入院させてしまったのです。


携帯も持たせてもらえなかったので、まず家族との連絡手段がありませんでした。

主人が面会に来た時に、全部話し、監視カメラが回っている中、私は着替えないといけないのよ…

下着や着替えは、誰が持って来てくれていると思う??


男性看護師よ…


主人はあまりにビックリし、その足で医師に駆け寄り、個室から出すよう言いました。

たった数日の個室でしたが…あり得ない場所でした。

しかし、私は個室からは出られたものの、退院するその日まで、閉鎖病棟から出る事は出来ませんでした。

医師の権限ですね。

家族の立場は、とても弱かったです。


2012年6月時点で、措置入院者約1700人、医療保護入院約13万5000人、任意入院約16万人が入院形態の内訳です。

その敷居は決して高くありません。

今まで紹介してきた通り、軽い不眠や気分の落ち込みなどで、クリニックなどを受診し、「うつ病」などの診断で向精神薬を処方されて、医原性の精神病を患い、薬の処方と共に病状が悪化する薬害事例は、数多くあります。

そうした患者が医師に勧められ、最終的に行き着く場所…

それが、精神科病院です。

精神保健福祉法は、本人の同意がある任意入院を基本としますが、実際は医師の恣意的な診察で強制入院させることもあります。

環境が劣悪な施設も数多い…

私が入院した個室も最悪でしたが…

全面ガラス張りの保護室というものも存在します。

そこは室内にあるトイレに仕切りがない。

もちろん、ここも24時間監視カメラで監視…

精神病院は、患者を治す事なんて考えていません…

病気を完治させるよりも、患者を長く入院させる方が儲かるから…

入院歴20年以上の患者は、生活技術や身寄りもないので、他に行き場がなく、ほとんどが生活保護受給者です。

閉鎖病棟に入院していた頃、面会者の少ない事に驚きました。

10年以上入院の選手が多く、10年以上家族と会っていない…などと聞かされると…

やはり、異常な場所です…

精神病院という所は…

病院は、系列のグループホームを作り、高齢化した患者を移し、デイケアで通わせます。

デイケアは、ドル箱だから、とにかく人数集めが必要…

さらには、保健点数を稼ぐ為、意味のない必要のない検査まで定期的に行う…

信じがたいような現実が、そこにはありました…

私は、薬への恐怖感、嫌悪感から減断薬を急ぎすぎ、ここまで行ってしまいました。

薬も大幅に増薬され、退院後、立て直すまで、かなりギリギリラインでした…

急いでも、脳の回復は追いつきません…

皆さんは、どうかゆっくり身体からの声に耳を傾け、離脱への道を歩まれてください。

私のような体験をしない為にも…





仕事の休憩時間に新聞を読んでいたら、こんな記事を見つけました。


20170602125714fcb.png


薬以外の治療が確立され、主流になればいいのになと願ってやみません…

何度も言いますが、、、
しつこいくらい言いますが、、、

薬でうつは治らないのだから…










関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは

kobuchoroさん、こんばんは。

閉鎖病棟ってそんなに凄いところなんですね。
思っていた以上です・・・(>_<)
逆に精神が変になりそうですね。

自分も減薬を慎重に行います。

No title

こんばんは。
よく越えて来はったね。

オシメをされて拘束された人も
指示に従わなかったら注射をされて意識を失った人も
居ました。

こんな人格無視な事を医師資格が有るとは言っても民間人なのに
許される事じゃないのにまかり通っていいのかと思っています。

だけど現行法では合法なので精神科には関わらない事でしょうな。

実態を知らなすぎる人が多すぎるのが現状だけどね。

全てとまでは言わないけどkobuchoroさんが何度も話している
精神医療の実態を伝えてくれている;かこさん;のブログや
CCHRのビデオを多くの人が観るべきですよね。

おっさん様

こんにちは^ ^
閉鎖病棟って…本当にあり得ない場所です。
特に保護室という場所は…
私は、拘束や薬を無理矢理注射されるような事はありませんでしたが、そんな風にされている患者さんもいらっしゃいました。
人権なんて完全に無視です。
おっしゃる通り、あんな所にいれば、逆に精神やられます。
普通の閉鎖病棟ってあるのだろうか…(´-ω-`)
おっさん様も慎重に慎重に進まれて下さいね。

Nisiさんへ

こんにちは^ ^
拘束された人も暴れたり、指示に従わなかったら、注射を打たれ鎮静化…
睡眠導入剤でひたすら眠らされたりね(´-ω-`)
本当に人権なんて完全無視。
あんなに酷い所だとは、思いませんでした。
まあ、全ての精神病院の閉鎖病棟がこんなのではないと思いますが…
私の扱いは、まだマシな方でした。
色々な方のお話を聞く限りでは…ヽ(;▽;)ノ

精神科医って凄く威圧的ですよ…
患者を意のままにしようとします。
家族も面会に来ない。
医師に物申す人もいない。
やりたい放題でした。
主人は私をすぐに退院させようとしましたが、無理でした…
あれ?医療保護入院のはずでは?って感じでしたが、、
薬を飲まなければ、無理矢理口に放り込まれるし、精神病院は依存者の助けには一切なりません。

本当に多くの方に実態を知って欲しい…
かこさんのブログやCCHRのビデオ…真実を知って欲しい…

No title

kobuchoroさん、こんにちは^^

毎日忙しくても充実した生活が送れているようで良かったです♪ホント当たり前に過ごす日常がすごくありがたいことなんだと今ならわかります。

閉鎖病棟、人権もなにもあったもんじゃないですね、怖いところです。女性の患者さんに男性の看護師とか本当に配慮もなにもないんですね。そんなところに何十年といらっしゃる方たちのことを思うと心が痛いです。

閉鎖病棟に入る精神病患者なんて自分には縁のないこと、と1か月前までは思っていました。それが今は自分だっていつそうなってもわからない状態、そして精神薬飲んでる方だれもが可能性があることだと知ってしまいました。

こんなにも恐ろしい薬を安易にばら撒いて結果がこんな扱いとは本当に怒りを覚えます。

チーズ☆彡さんへ

こんばんは^ ^
忙しくても、それをこなすことが出来る事…
有り難い事なんですよね。
健康だからこなせるのであって…
去年の今頃大変苦しく、こんな症状を抱えてこれから生きていかなければならないなら…
いっそうのこと…
そんな考えがずっとグルグルしていました…(´-ω-`)
こんな数々の症状を抱えて、生きていく。
どうすればいいのだろう…と暗い暗いトンネルの中にいました。

閉鎖病棟、普通の所もあるとは思いますが、私がお知り合いになった方々の中では残念ながらいませんでした。
みんな命がけで退院した感じ。
大抵、大幅に増薬されますしね。
女性の患者さんに男性の看護師とか本当に配慮もなにもない…
でも、本当に女性看護師がまずほとんどいなかったんです((((;゚Д゚)))))))
普通の病院なら、ほとんどが女性看護師ですよね。
特殊です、精神病院って…

本当に誰でも間違えば、簡単に行き着く場所です…
私も家族に、私が倒れようが死にそうであろうが、絶対に病院に連れて行くなってあれだけ念押ししていたのに、この有り様ですヽ(;▽;)ノ

増薬で立て直し出来たので、結果オーライと家族はサラッと言いますが。

チーズ☆彡さんのブログにも中々お邪魔出来ずで…

本当に症状落ち着いて欲しいです…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

おはようございます^ ^
そんな事が…(´-ω-`)
薬で制御…病院がやる事ではありませんが、普通にまかり通っていますよね…